【ラグビー】あす準決勝。あの日メイジの1年生だった元木由記雄氏は、京産大の一員に。初の決勝進出へ向け、自然体で勝負(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

暮れの京都に雪が舞った。

 1月2日に大学選手権準決勝を迎える京産大が12月31日に学内での練習をおこなった。練習は2時間弱で、FWとBKに分かれたポジション練習と、15人で相手をつけた流れの確認などの内容。練習は全部員が一斉に行う。皆の前でメンバー23人にファーストジャージーを手渡す儀式も、雪の中で行われた。

 就任1年目の廣瀬佳司監督は15季ぶりの準決勝の舞台にも淡々。元旦も、部としての願掛けやお参りなどはせず、いつも通りに過ごすという。

「ただ、選手が寝起きする寮は普段は冬休みで閉鎖期間。特別にあけて、食事も風呂も用意していただいています」(同監督)

 就任後、今季初めのミーティングでは、1990年度の準決勝をみんなで観た。明治29-15京産大。FWが看板の人気チーム、明治を向こうに、雑草軍団がタフに押しまくる。後半に逆転を喫したが、京産大の名を広く世に知らせる勝負になった。廣瀬監督自身が高校時代に目にして、ずっと忘れられない試合だという。

 奇しくもこのゲームに明治の1年生として出場していたのが、現・京産大GMの元木由記雄氏(元日本代表)だ。グラウンドの指導ではディフェンスを担当する元木GMにも気負いはない。ディフェンスのキーマンにはFW第3列(FL、NO8)を挙げた。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。