【アメフト】ジョン・マデン氏死去 85歳 レイダースでスーパーボウル優勝、テレビ解説者として革命、人気ゲームのタイトルにも(BBM Sports)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:BBM Sports

米プロフットボール・NFLのオークランド・レイダース(現ラスベガス)を、ヘッドコーチ(HC)として初のスーパーボウル優勝に導き、長年にわたり、テレビ解説者としても絶大な人気を誇った名将ジョン・マデンが、現地12月28日に死去した。85歳だった。公式サイト、NFL.comが速報し、レイダースも球団公式サイトで死を悼んだ。

当時史上最年少の40歳でスーパーボウル優勝HCとなった名将ジョン・マデン /Getty Images

 マデンはレイダースで10シーズン(1969~1978年)にわたりHCを務め、第11回スーパーボウル(1976年シーズン)で優勝を果たした。監督退任後は、2009年までNFL中継の解説者を務めた。2006年には、プロフットボール栄誉の殿堂入りを果たした。また、1988年に第1作が発売された人気ゲームシリーズ「Madden NFL(マデンNFL)」の監修者としても知られている。4大テレビネットワーク、CBS(1979~1993年)、FOX(1994~2001年)、ABC(2002~2005年)、NBC(2006~2008年)のすべてで解説者として活躍した。2008年のNFLシーズンを最後に、テレビ解説から引退した。軽妙なトークと、本質をズバリと突く解説は人気となり、さまざまな商品のテレビCMにも登場した。

NFLのロジャー・グッデルコミッショナーのメッセージ

「NFLファミリーを代表して、バージニア夫人、(2人の息子)マイク、ジョーとそのご家族に哀悼の意を表します。

我々は皆、オークランド・レイダースの殿堂入りコーチであり、あらゆる主要なテレビネットワークで活躍したブロードキャスターとして(マデンを)知っていますが、何よりも彼は献身的な夫であり、父であり、祖父でもありました。

コーチ・マデン以上にフットボールを愛した人はいない。彼はフットボールそのものでした。彼は、私や他の多くの人々にとって、信じられないほどの助言者でした。ジョン・マデンは二度と存在しないし、我々は彼がフットボールとNFLを今日ある姿にしてくれたことに永遠に恩義を感じるでしょう。」

レイダースのメッセージ

「レイダース・ファミリーは、伝説的人物であるジョン・マデン氏の死を深く悲しんでいます。
プロフットボールの発展と人気に、マデンコーチほど大きな影響を与えた人物はいません。

32歳という若さでアル・デイビスにレイダーズのヘッドコーチとして雇われたマデンは、10シーズンにわたってシルバー&ブラックのコーチを務め、レギュラーシーズンで103勝32敗7分という素晴らしい成績を収めました。1969年から78年までの間、レイダーズは各シーズンで勝利を収め、7つのディビジョンタイトルを獲得し、8回のプレーオフに出場した。1976年、マデンはレイダーズを13勝1敗の好成績に導き、スーパーボウルXIでミネソタ・バイキングスを32-14で破り、プロフットボールの世界選手権に初勝利しました。

プロフットボールの人気と影響力が高まるにつれ、マデンと彼のシルバー&ブラックチームは、「シー・オブ・ハンズ」、「イマキュレート・レセプション」、「ホーリー・ローラー」、「ゴースト・トゥ・ザ・ポスト」など、AFLやNFLの重要な場面で重要な役割を果たしました。マデン氏は、放送ブースでもフットボールのアイコンとしての役割を確立し、CBS、FOX、ABC、NBCの4つの主要テレビネットワークすべてで主要な解説者として活躍しました。また、「マンデーナイトフットボール」での活躍や、毎年恒例の「オール・マデン・チーム」の創設、ビデオゲーム「マデンNFL」シリーズでの活躍により、マデンの名はプロフットボールの代名詞となりました。

2006年、プロフットボールの殿堂入り式典で、マデン氏を紹介したアル・デイビスは、スピーチの冒頭で「素晴らしいコーチ。忠実で信頼できる友人。A Raider.」と称えました。 レイダー・ネーションの思いと祈りは、バージニア、ジョセフ、マイケル、そしてマデンの家族全員に向けられています。」

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。