【短期連載・TOKYOの先へ】藤本怜央「精魂尽き果てるまで現役を続ける覚悟」(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

東京パラリンピックで史上初の銀メダルを獲得した車いすバスケットボール男子日本代表。日本列島を熱狂させた選手たちに東京大会での戦いの日々、そしてこれからについてインタビューする。第2回は、チーム最年長37歳で東京パラリンピックに出場した藤本怜央選手(宮城MAX/Lahn-Dill/SUS株式会社)。全8試合で先発出場し、因縁のライバル韓国との一戦では、フィールドゴール成功率71パーセントを叩き出した。「最後かもしれない」と覚悟を決めて臨んだ東京パラリンピック、そして新天地での挑戦となったドイツ・ブンデスリーガ(1部)について話を訊いた。

取材・文=斎藤寿子

コメントは受け付けていません。