【箱根駅伝】東洋大、往路9位 3年連続山登りの宮下隼人主将はコースに「感謝」の一礼(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・千代田区大手町読売新聞社前スタート~神奈川・箱根町芦ノ湖ゴール=5区間107・5キロ)

 前回総合3位の東洋大は往路を9位で終えた。12位でタスキを受けた松山が2区で区間5位の力走。3区の佐藤も粘ったが、4区で酒井俊幸監督が「勢いを優先した」と初起用した木本が区間18位で12位に沈んだ。3年連続で5区を託された主将・宮下はチームメートに「往路優勝決めてくるからな」と宣言。シード圏内に押し上げたが「役目が果たせずに素直に申し訳ない」と肩を落とした。

 宮下は5区初挑戦だった前々回に1時間10分25秒の区間新をマークした。2年前を超える走りを目指したが、9キロ過ぎまで脚に重さを感じ、苦しい展開となった。1時間12分22秒の区間8位でゴールすると、コースに一礼。その思いを「人として成長させてもらった箱根駅伝。5区というコースに対して感謝の気持ちを込めた」と明かした。「主将として、チームを鼓舞する役目がまだ残っている」。思い出の詰まった5区に別れを告げ、17年連続のシード権獲得が懸かる復路へ気持ちを向けた。(林 直史)

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。