【有馬記念】3つの参考レースからバゴ産駒の2頭に注目 地力と立ち回り問われる中山芝2500m(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

2021年を締めくくるグランプリレース・有馬記念。東京開催の天皇賞(秋)やジャパンCとは異なり、中山芝2500mで行われる本レースは地力だけでなく立ち回り力も重要となる。さらに、今年は3歳勢も実力馬揃い。まずは参考レースから有力馬の強さと課題を整理していきたい。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

【宝塚記念】
天気が心配されたが、小雨が降った程度で競馬に大きな影響を与えるほどではなかった。午前中は内目を開ける競馬が多く実際に外目が伸びていた印象だが、9Rでは内前のワンツー決着だっただけに極端なトラックバイアスも感じない。レースはユニコーンライオンが最内枠から主張し、前後半1000m60.0-58.5の後傾1.5秒。

ラップとしては中盤で12秒台中盤まで緩んだ流れではあったが、東北東から強めの風を受けていたことを考慮すれば極端なスローペースという流れでもない。そもそも勝負に参加できていたのは実質9頭程という地方交流G1のようなレースであったから、ポジションによる有利不利もさほど考える必要はないだろう。

1着馬クロノジェネシスは出たなりで好位につけ、勝負どころではレイパパレの直後で虎視眈々。直線に向いて進路を確保すると一頭だけ次元の違う脚で突き抜けた。上がり1Fは2位に0.4秒差。ここでは力が違ったか。

5着馬キセキは大外枠から折り合い重視で好位追走。ペースが落ち着いた向正面では行きたがる面を見せており、やはり1F12秒前後で淡々と流れるペースがベストだろう。

8着馬モズベッロは3角からマクリに入ったが、カレンブーケドールに内から張られて大外を回る形に。スムーズなら5着争いを制していた可能性は高く、上がりのかかる展開になれば上位浮上のチャンスはある。

9着馬アリストテレスは1角手前で挟まれてポジションを下げ、その後も馬群で力み気味の追走。勝負どころでは脚が残っておらず、直線は見せ場なく失速した。外目をリラックスして走れていれば掲示板内はあったかもしれない。今回も道中の運びがポイントだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。