【ラグビー】中部大春日丘が日本航空石川を下し2回戦へ。鹿児島実、静岡聖光学院も1回戦突破(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

東大阪市花園ラグビー場で幕を開けた「第101回全国高校ラグビー大会」は、12月27日に1回戦がおこなわれ、昨年度ベスト8だった中部大学春日丘高校(愛知)は北信越の名門校である日本航空高校石川(石川)と対戦し、33-5で勝った。

 中部大春日丘が最初にスコアボードを動かしたのは前半12分だった。連続攻撃で敵陣22メートルライン内に入り、SH堀陽人が判断よくキック、それに反応した主将のWTB小池陽翔が先制トライを決めた。26分にはNO8湊優真、FL浜浦幸太郎、CTB山田健斗の好走でチャンスとなり、SO関口流瑞がフィニッシュ。28分にもテンポのいい連続攻撃からPR中村大飛がトライゲッターとなり、SH堀のゴールキックも好調で、21-0で折り返した。

 中部大春日丘はさらに後半2分、相手のミスでボールを奪い返すと、たたみかけてタックラーをかわしたSH堀がインゴールに押さえ、点差を広げた。

 対する日本航空石川は後半5分、敵陣でのスクラムからボールを動かし、CTBトゥポウ トゥリマファが中央を突破、力強い走りでゴールへ走り切り、チームを元気づけた。

 しかし、日本航空石川はその後も何度かチャンスを作ったが、中部大春日丘がプレッシャーをかけて追加点を許さなかった。

 逆に中部大春日丘は、24分にCTB黒嵜柊希のトライで突き放し、勝利を引き寄せた。

 勝った中部大春日丘は、30日の2回戦でBシードの常翔学園(大阪第1)と対戦する。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。