【ラグリパWest】人としての成熟。クウェイド・クーパー[花園近鉄ライナーズ/スタンドオフ](ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

クウェイド・クーパーは成熟する。

 近鉄花園ライナーズのスタンドオフは、33歳。この秋、「ワラビーズ」と呼ばれる豪州代表に復帰した。
「めちゃくちゃいい気持ちでした」
 目じりは下がる。試合中の刺すような視線はどこにもない。

 最後にシャンパン・ゴールドのジャージーに袖を通したのは2017年6月。イタリア戦だった。4年の月日が流れる。

「体も精神的な部分もフィットしていました。できるな、楽しみだな、という感じでした。オフにゆっくりする選択肢は元々、私にはありません。常に、自分は何者か、ということを意識して過ごしています」

 近鉄で2021年春のシーズンを過ごし、半年のオフは南半球に戻る。その間もトレーニングを怠らなかった。

 豪州代表の監督、デイヴ・レニーから連絡が入ったのは、7月下旬。同じポジションのジェームズ・オコーナーは股関節を痛め、ノア・ロレシオは21歳と若かった。

 9月12日、ゴールドコーストでの南アフリカ戦から先発する。決勝を含め7本のPGと1本のコンバージョンを記録。28-26と勝利の立役者になった。南アフリカからの白星は3年ぶり。この試合を含めチームは5連勝。クーパーはその間、司令塔として先発を続ける。最後は大分での日本戦。32-23とする。

 開始6分、先制トライを引き出す。左右の細かいステップで2人抜く。タックルを受け、倒れながら内へのオフロード。ふわっとしたラストパスはウイングのトム・ライトに渡る。クーパーはこの柔らかいプレーに触れる。

「自分自身の精度が上がっているのは確かです。ただ、年を重ねる中で、結果よりも、過程を大切にするようになってきました」

 勝利やトライを絶対としない。それよりも周囲を見る、生かす、ソフトになる。その結果が勝ちにつながればいい。今のクーパーは達観の域。豪州代表のキャップはそれまでから5を足し、75になった。

 変化はこれまで2季を戦った日本、とりわけ近鉄でなされる。チームは二部。母国と比較すれば、そのレベルは低い。このチームを勝たすためには、自分がみんなのいる位置に下りる。高みにとどまらない。

 9歳下の片岡涼亮はクーパーを語る。
「僕はダッドと呼び、彼はマイ・サンと返してくれます。クウェイドはできないことを怒ることはありません。できることを100パーセントでやらない時に怒ります」
 父と息子。ウイングの正位置を争う2年目にとっては家族同様だ。

「私は仲間には優しくありません。練習中は厳しいし、怒鳴ったりもします。でも、それはその選手のため、チームのためです。ただ、その選手が本当に落ち込んだ時には、肩を貸す用意はできています」

 クーパーは近鉄に恩義を感じている。
「私は来るべくして来ました。会社やチームの人々にすごく感謝しています」
 3年前、ブラッド・ソーンはクーパーを外す。スーパーラグビー、レッズの監督である。クーパーは18歳からこのチームでプロになり、12年プレーを続けた。その2018年は地元クラブ。翌年はレベルズで過ごし、秋から近鉄に加わった。いわば、底の状況だった。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。