サンズのデビン・ブッカーが通算1万得点をクリア、NBA史上3人目のエリートクラブ入り(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

12月30日(現地時間29日)。フェニックス・サンズはオクラホマシティ・サンダーを115-97で下し、今季戦績をリーグトップタイの27勝7敗とした。

【動画】ブッカーが38得点をマークしたサンダー戦のハイライト!

 10月下旬以来の2連敗から脱却したサンズでは、エースのデビン・ブッカーがゲームハイの38得点に7リバウンド5アシスト2ブロック、ジャベール・マギーが16得点8リバウンド2ブロック、キャメロン・ペインが16得点7アシストをあげたほか、3選手が2ケタ得点をマーク。

 そしてこの試合でブッカーはNBA史上7番目の若さ(25歳と60日)で通算1万得点をクリア。『ESPN Stats & Info』によると、ブッカーを上回るのはレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)、コービー・ブライアント(元レイカーズ)、カーメロ・アンソニー(レイカーズ)、トレイシー・マグレディ(元オーランド・マジックほか)、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)のみと、まさにリーグを代表する選手たちと肩を並べることに。

「すごくうれしいことだね。この位置にいられることを本当にありがたく思っているよ。これまでこの若い子を信じてくれたコーチたちがたくさんいた。彼らは僕が失敗することもあったけどプレーさせ続けてくれた。これは皆へ与えられる機会じゃない」。

 試合後にそう語ったキャリア7シーズン目のエーススコアラーは、26歳を迎えるまでに通算1万得点、さらには800本以上の3ポイントを沈めたことで、レブロンとデュラントに次ぐ史上3人目の選手に。

 現役ながら将来のバスケットボール殿堂入り確実なスーパースター2人と同じエリートクラブの仲間入りを果たしたブッカー。昨季のウェスタン・カンファレンス覇者をけん引するエースは、新たな勲章を手にしたと言えるだろう。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。