【ホープフルS】AIの本命はコマンドライン 「前走G3」「前走1着」「継続騎乗」過去4年で3勝のデータが後押し(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

2021年の中央競馬を締め括る一戦、ホープフルS(G1・芝2000m)。G2時代にはレイデオロ、G1に昇格してからはサートゥルナーリア、コントレイルなどクラシックで活躍する馬を輩出している注目のレースだ。AI予想エンジンKAIBAはどう予想したのか見ていこう。

本命はコマンドライン。G1となった2017年以降の過去4年でデータを振り返ると、「前走G3」に出走していた馬が3勝、3着1回と活躍。加えて「前走1着」も3勝、2着4回、3着4回という成績を残しており、前走サウジアラビアRC1着というデータは信頼度アップ。

また前走から「継続騎乗」の場合も3勝、2着1回、3着3回。今回4枠6番という枠を引き当てたが、「4枠」は2勝、2着1回で勝率25.0%、連対率37.5%の好枠。死角は少ないと言えるだろう。来年のクラシックが楽しみになる走りを期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎コマンドライン
◯ジャスティンパレス
▲フィデル
△キラーアビリティ
×マテンロウレオ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。