【有馬記念】菊花賞馬タイトルホルダーが天下統一! 今年は3歳勢が上位独占だ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

2021年12月26日、中山競馬場で行われるのはグランプリ・第66回有馬記念。昨年の三冠馬コントレイルはジャパンカップで引退し、有馬記念には参戦しない。最後の雄姿は暮れの中山で見たかったのが本音だが、今年ばかりは有観客の保証がなかった年末より、多くの観衆(当然ながら例年より少ないが)に見送られた東京競馬場で良かったのかもしれない。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

1着賞金の額はJCと同額でも、世間的な認知度は有馬記念の方が断然上。普段は馬券を買わなくても、有馬記念だけは参加してみようという人も少なくない。もはや国民的行事の一つといって過言でないこのレース。普段のG1以上に情報が出回り、いろいろな角度から予想ができるのも、参加のハードルを下げている要因かもしれない。ここでは過去15年、そして近5年のデータを参考にして、勝利に近いのはどの馬なのか検証していきたい。

その前に、今年は第66回ということで6番、または6枠がいつも以上に気になるファンもいるだろう。そこで、過去のゾロ目回の結果はどうだったのかを調べてみると、第11回は3-1、第22回も3-1、第33回は10-11、第44回は7-3、そして第55回は1-7。かろうじて第11回の時に1番枠が絡んでいるが、ほぼ関係ないようだ。しかも3が3回も出ているのに、第33回の時は出現していない。小ネタとして覚えておこう。

ちなみに第22回はTTG(テンポイント、トウショウボーイ、グリーングラス)、第33回はオグリキャップとタマモクロス、第44回はグラスワンダーとスペシャルウィーク。ゾロ目の年は名勝負が出現する確率が高いようだ。今年もそのようなレースが見られることを期待しよう。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。