【有馬記念】ルメール騎手がダントツの成績! 東大HCが中山芝2500mを徹底解析(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

今週は中山芝2500mを舞台に中央競馬の総決算、G1・有馬記念が行われる。今回がラストラン、空前のグランプリ4連覇で有終の美を飾りたいクロノジェネシスと、天皇賞(秋)で先輩三冠馬コントレイルをねじ伏せた3歳世代の代表格・エフフォーリアが人気の中心。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

2強を追うのは菊花賞を鮮やかに逃げ切ったタイトルホルダー、エリザベス女王杯からの連勝を狙うアカイイト、仏G2・フォワ賞覇者・天皇賞(春)2着ディープボンドなどの精鋭たち。今年も年末の大一番にふさわしいスターホースたちが出揃った。

このコースを舞台とする重賞は有馬記念の他に天皇賞(春)の重要なステップレースとなるG2・日経賞がある。コースの特徴を過去のデータから分析していこう(使用するデータは2011年12月25日~2021年12月19日)。

まずはコース概要。内回りコースが舞台だが、スタート地点を内回りに設定するとすぐコーナーを迎える影響で、外回りコースの3コーナー手前からスタートする。4コーナーを回った後に正面スタンド前で中山名物・高低差2.2mの急坂を上る。その後2コーナー前まで上りが続き、下りに転じて向正面へ。平坦な直線を迎える。

3・4コーナーのきついカーブを通過すると、わずか310mしかない直線へ(直線距離は中央4場で最短)。最後に待ち受ける2度目の急坂が勝負のカギを握る。コーナーを6回も通過し、器用さが求められるトリッキーなコースレイアウトだ。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

                  ザ・シークレット・ホース

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。