【有馬記念】これぞ時代の分岐点 人馬ともに新時代へ、快勝エフフォーリア!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

ここ数年、競馬には新しい風が吹き込んだ。地上波のゲームCMでかつての名馬たちがよみがえり、ベテラン競馬ファンはみんな驚いた。ゲームから競馬の世界に足を踏み入れるという新しい流れ。史実を知るほどにゲームが面白くなり、ゲームを楽しむほどに実在する競走馬に興味を抱く。ゲームも競馬も同じ沼地。はまったら最後。簡単には抜けられない。ようこそ、競馬の世界へ。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

そしてJRAの年間プロモーション「HOT HOLIDAYS」。いくらなんでもそりゃないよというベテランファンもいるが、旬な俳優たちが競馬場を楽しそうに満喫する様子は、間違いなく若者の競馬へのイメージを変えてくれた。でなければ17年から5年間も続かない。この数年で競馬を好きになってくれた方たちが、もっともっとCMのように競馬場に遊びに行ける日を期待したい。競馬場に行き、生のサラブレッドを見て、レースを観戦すると、さらに競馬を好きになる。経験者は語る、である。

「HOT HOLIDAYS」最終年の今年は競馬界にとって時代の転換期でもあった。12月だけでもコントレイル、モズスーパーフレア、インディチャンプ、グランアレグリア、ダノンキングリー、ダノンスマッシュと多くのG1馬が登録抹消。今年海外G1・3勝の名牝ラヴズオンリーユーも1月に引退式を予定。昨年引退したアーモンドアイも含め、ここ何年かの競馬界を引っ張ってきた看板馬たちが続々とターフを去った。

コメントは受け付けていません。