【ラグビー】目標のための「がまん」。クボタのルアン・ボタ、いつの日か日本代表へ。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

ピーター・ラブスカフニが日本代表の主将になった。仲間のひとりがその報せに喜ぶ。

「彼はハードワークしてきた。(この報せは)すごく嬉しいです」

 ルアン・ボタ。「NTTジャパンラグビー リーグワン2022」に加盟するクボタスピアーズ船橋・東京ベイの仲間で、南アフリカ出身なのも通称ラピースと同じだ。

 娯楽性の高いミニゲーム形式の練習でも全力を出す、普段の振る舞いが生真面目に映るあまり周りに茶化されている、といった周囲のラピース評を踏まえ、3歳年上のオープンサイドFLについて語った。

「ラピースは(クボタの海外出身者からも)リーダーと見られているはずです。再三、申し上げれば、一番ハードワークしている。コンタクトのない設定でおこなう練習でも、球に、タックルしてきます! そして、ラグビーから離れた時はジェントルマンです」
 
 ボタは身長205センチ、体重120キロの29歳。長身選手のひしめくLOのポジションにあっても大きく、自立して密集を作るモールで芯となり、相手のキックへの圧力、向こうの走者をつかみ上げるチョークタックルでも光る。

 2018年に来日した。2019年にはイングランドのロンドン・アイリッシュに在籍し、2020年のトップリーグ中断後には第2子のライアン君の誕生を見届けるべく帰国している。それでも継続居住期間(2022年1月以降は5年以上)などの資格取得条件をクリアし、日本代表入りに挑みたいと話す。

「日本のパスポートも欲しいと思っていますから。日本代表入りは大きな夢で、目標です」

 そのため、オフの帰省は2か月程度にとどめた。ルーツを持たない国で代表になりたい選手は、ファーストキャップを得るまでの間、1年あたりの帰国可能日数を制限される。国際統括団体のワールドラグビーがそう決めている。

 ボタはこうだ。

「本来は、次の2023年のワールドカップまでに入りたかったです。それは(現実的に)難しいのかもしれません。個人的には現行のルールは変わって欲しいとも思います。ただ、がまんしなければいけません」

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。