選手宣誓の大役果たした高川学園・奥野奨太主将 「立つことができて本当に光栄」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

第100回全国高校サッカー選手権の開会式が東京・国立競技場で行われ、選手宣誓は山口・高川学園の奥野奨太主将(3年)が務めた。

 コロナ禍での開催に感謝し、100回大会を戦う覚悟を熱く語った。「先輩方から受け継いだこのバトンを後輩たちへつなぐ。明日へ、そして未来へ。すべての選手とともに、アフターコロナ、新時代を切り開くゴールを決めるため、すべてのプレーに正々堂々全身全霊を尽くし、日本サッカー界の伝統に、選手権の歴史に、新たな1ページを書き記すことを、ここに誓います」。言葉に詰まってしまうシーンもあったが、校旗を掲げた各校の主将に後ろから見守られながら、約3分半の選手宣誓を堂々と務めた。

 開会式後、取材対応した奥野は、「今までに立ったことがないような広さで、率直に感激。ここに立つことができて、本当に光栄だと思った。完璧に選手宣誓を終えることはできなかったので悔しい気持ちもあるが、やりきれたので良かった」と大役を果たしホッとした心境を明かした。

 奥野は、1週間前の公式戦で、左膝を負傷。全治5か月の大けがで、今大会出場は絶望的だという。「自分は選手としては出場することはできないですが、チームに今何ができるかということを考えて、少しでもチームが勝てるように頑張っていきたい。チームメートが自分の気持ちまで背負って頑張ってくれると思う」と29日の星稜(石川)戦に挑む仲間へ、自らの思いも託した。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。