エンゼルス大谷翔平がAP通信年間最優秀男性アスリート賞 米スポーツ界最大の賞で最近20年間メジャーで3人目(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、AP通信の年間最優秀男性アスリート賞を受賞した。

 大谷は今季、投打の二刀流としてシーズン158試合に出場し46本塁打、100打点、26盗塁。投げても9勝2敗、防御率3・18という前人未踏の快挙を成し遂げ、ア・リーグMVP投票で史上16人目の満票で受賞した。

 

 同賞は1931年にスタートした米国スポーツ界で最大の賞で、かつては多くの野球人が受賞したが、最近20年間では、2014年マディソン・バムガーナー投手(ジャイアンツ)、2017年ホセ・アルテューベ二塁手(アストロズ)とともにワールドシリーズ優勝に貢献した2選手しか選ばれていない。

 米国以外の出身選手では前記のアルテューベ(ベネズエラ)以来7人目。日本人選手では男性では初だが、女性では2020年プロテニスの大坂なおみが初めて選出されている。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。