【ウインターカップ2021】男子決勝は福岡大附大濠×帝京長岡に決定[バスケ](月刊バスケットボール)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:月刊バスケットボール

12月28日、「SoftBank ウインターカップ2021(令和3年度 第74回全国高等学校選手権大会)」大会6日目男子準決勝が行われ、福岡大附大濠、帝京長岡が決勝進出を決めた。

【表】ウインターカップ2021男子トーナメント表

先に行われた仙台大明成(宮城県[1])対福岡大附大濠(福岡県[2])、前半を43-43と同点で終えると、3Q終盤、この試合38得点と大活躍を見せた#13岩下准平を中心に福岡大附大濠がリードを作り、逃げ切って81-73で勝利を果たしている。

そして準決勝もう1試合、福岡第一(福岡県[1])と帝京長岡(新潟県[1])の試合は、福岡第一が34-28とリードして前半を終えるが、3Q、帝京長岡のオフェンスが爆発。一気に逆転したが、4Q終盤、福岡第一に追いつかれてギリギリの攻防に。その中で、得点を確実にあげて67-61、帝京長岡が初の決勝進出を決めた。

<男子準決勝試合結果>
■第2試合/男子準決勝
福岡大附大濠(福岡県[2]) 81-73仙台大明成(宮城県[1])

■第3試合/男子準決勝
帝京長岡(新潟県[1])67-61福岡第一(福岡県[1])

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。