【ホープフルS】上位人気に大きな不安あり 京大競馬研の本命はレコード連発のサトノヘリオス(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

12月28日(火)に中山競馬場でホープフルステークス(G1)が行われる。唯一の重賞馬コマンドラインが人気を集めるほか、萩S2着のキラーアビリティ、武豊騎手騎乗のアスクワイルドモアなどが参戦。15頭がビッグタイトルを狙いにやってきた。

有馬記念を当てた人も外した人もここでこそきっちり当てて中央競馬の1年を締めくくりたいところだが、データを調査すると面白い穴馬を発見。俄然買う気が湧いてきた。まずはレース時点での収得賞金ごとにホープフルSで残す成績を調べてみた。

過去7年の収得賞金400万円組について調べた。前走新馬戦からが【2-0-2-7】、前走未勝利戦組は【0-1-1-19】。その内G1昇格後に馬券になったのは2017年3着のステイフーリッシュのみ。レースレベルが上がり、勝ち上がりの勢いだけでは好走できなくなったことが分かる。また、1勝クラス敗退馬も【0-0-0-12】と全滅。

400万円組の中には重賞で3着になった馬も多くいるが、前走でオープンや重賞を負けていた馬は【0-0-0-12】と全滅。キラーアビリティのようにリステッド競走で惜敗した馬の参戦が過去に無いため、キラーアビリティについては取捨に困る。しかしその他の1勝馬は基本的には軽視が賢明だ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。