正智深谷の得点を抑え込んだ福大大濠が43点差で快勝/ウインターカップ男子準々決勝(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

12月27日、「SoftBank ウインターカップ2021 令和3年度 第74回全国高等学校バスケットボール選手権大会」の男子準々決勝が行われ、福岡大学附属大濠高校(福岡県)が正智深谷高校(埼玉県)と対戦した。

 試合開始直後から連続8得点を奪った福岡大学附属大濠は、泉登翔を筆頭にその後もリード広げ、27-19で第1クォーターを終えた。続く第2クォーターでは一時19点までリードを広げるが、終盤に正智深谷の関河虎南に次々と得点を許す。それでも、49-37と福岡大学附属大濠がリードを広げて試合を折り返した。

 後半に入ると福岡大学附属大濠がディフェンスの強度を上げる。正智深谷をこの10分間でわずか6得点に抑え込むと、75-43と大きくリードを広げて最終クォーターへ。32点リードで迎えた第4クォーターでも相手に付け入る隙を与えず、福岡大学附属大濠が96-53で快勝した。

 準決勝へとコマを進めた福岡大学附属大濠は、泉が18得点、針間大和が15得点、湧川颯斗が15得点9リバウンド5アシスト3スティール、副島成翔が11得点5リバウンドをマーク。一方の正智深谷は、関河が25得点8リバウンド3スティールと奮闘するも、ベスト8で姿を消すこととなった。

■試合結果
福岡大学附属大濠高校 96-53 正智深谷高校
福大大濠|27|22|26|21|=96
正智深谷|19|18|6|10|=53

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。