【新潟vs横浜】連敗継続も光明が見えた新潟…ターンオーバーを減らして年内最終戦で白星を届けたい(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

■新潟アルビレックスBB vs 横浜ビー・コルセアーズ(@シティホールプラザアオーレ長岡)
12月29日19時5分

 他チームが次々に連敗を脱する中、新潟アルビレックスBBの連敗はついに20まで伸びた。滋賀レイクスターズと対戦した前節は、第3節から欠場が続いていた遠藤善が復帰を果たしたものの、代わってロスコ・アレンと岡本飛竜が欠場。第1戦は前半で23得点しか奪えず、アレンの欠場が響いた。

 ただ、第2戦はコービー・パラスも欠場する緊急事態ながら粘り強く戦い、第4クォーターに力尽きたものの光明は見えた。遠藤が25得点を挙げたほか、星野曹樹が10得点。さらに綿貫が14得点6アシストに加えてオフェンス8本を含む11リバウンドと本領を発揮した。これらの収穫を今節こそ白星につなげたい。

 前々節に連敗を止めた横浜ビー・コルセアーズも、前節は西地区首位の琉球ゴールデンキングスに力負け。シーソーゲームとなった第1戦をわずか2点差で落とすと、第2戦は第1クォーター終盤に主導権を明け渡して以降、好転しそうな流れをその都度うまく断ち切られた。昨シーズンに続いてチームに加わったキング開と河村勇輝は、いずれも第2戦に今シーズン初得点を記録した。

 新潟は数多い課題の中でも、前節は2戦計45個にのぼり、シーズンをとおしてもリーグで3番目に多いターンオーバーは早急に改善が必要だ。アレンやパラスが今節も欠場する可能性を考慮し、オンザコート1や2ガードといった布陣にも活路を見出したいところ。ディフェンスでは、横浜の3ポイントシュート成功率が下がってきている点をうまく突きたい。

文=吉川哲彦

■ロスター
・新潟(HC:平岡富士貴)
岡本飛竜
星野曹樹
大矢孝太朗
ジェフ・エアーズ
コービー・パラス
木村圭吾
チリジ・ネパウェ
綿貫瞬
納見悠仁
佐藤公威
ロスコ・アレン
池田雄一
遠藤善

・横浜(HC:青木勇人)
パトリック・アウダ
レイトン・ハモンズ
ジェイコブス晶 ※特別指定
河村勇輝 ※特別指定
レジナルド・ベクトン
古牧昌也
森川正明
阿部龍星
大庭岳輝
土屋アリスター時生
森井健太
キング開
須藤昂矢
エドワード・モリス
生原秀将

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。