【中日】ソフトバンクから獲得の岩崎翔に立浪和義監督「期待しています」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

中日は27日、ソフトバンクにFA移籍した又吉克樹投手の人的補償として岩崎翔投手の獲得を発表した。

 岩崎は、市船橋高から07年高校生ドラフト1巡目でソフトバンクに入団。高身長から150キロを超える直球と落差あるフォーク、スライダーを武器に、鷹の中継ぎ陣を支えてきた。

 17年にはサファテや森、モイネロらと強力な勝ちパターンを形成。球団タイ記録の72試合に登板し6勝3敗2セーブ40ホールド、防御率1・99。球団新記録の46ホールドポイントで、最優秀中継ぎを獲得しチームの日本一へ貢献した。

 18年には2度の右肘手術を経験したが今季は48試合に登板。森、モイネロ不在の間は守護神も務め2勝5敗6セーブ14ホールド。防御率こそ4・17だったが、剛腕復活の兆しをみせていた。

 右の剛腕リリーバーを獲得した立浪和義監督は、球団を通じ「このような形でドラゴンズに来てもらうことになりましたが、必要な戦力として大変ありがたく思っています。新天地でもしっかり結果を出せる環境を作ります。期待しています」とコメントした。

コメントは受け付けていません。