100M障害東京五輪代表の木村文子が引退 エディオンのコーチ就任「陸上競技の魅力をお伝えしたい」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

東京五輪女子100メートル障害代表の木村文子(33)が、来年1月限りで現役を引退することを27日、所属先のエディオンが発表した。木村は広島市のエディオン広島事務所で会見し、引退のあいさつを行った。

 木村は広島県立祇園北高、横浜国大を経て2011年にエディオンに入社。100メートル障害で日本選手権優勝のほか、五輪はロンドンと東京の2大会に出場。美女ハードラーとしても話題になった。引退後は同社女子陸上競技部一般種目ブロックのコーチに就任するという。

 木村文子「2022年1月をもちまして、選手を引退することになりました。エディオン女子陸上競技部の選手として走り続けてきた10年間は、私にとって選手としてだけではなく、一社会人として成長する時間となりました。決して平坦な道のりではありませんでしたが、ここまで継続出来たのは、日ごろより手厚いサポートを頂いております会社からのご支援やファンの皆様の温かいご声援のおかげです。ありがとうございました。今後は、後進の育成・陸上競技の普及活動をして参ります。活動を通して1人でも多くの方に陸上競技の魅力をお伝えしていくことができればと思います」

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。