【ターコイズS】「内有利」も週中雨予報あり 時計かかる馬場ならスマートリアンとミスニューヨーク(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

2015年に重賞に昇格した牝馬限定のハンデ戦、ターコイズS(G3・芝1600m)。リピーターの好走あり、大波乱ありの難解な一戦を馬場適性の観点から占っていきたい。

【朝日杯フューチュリティステークス 2021予想】ジオグリフ、ダノンスコーピオンらに好データ! 確認したい「あるプロフィール」とは?(SPAIA編)

まずは先週末の中山競馬場・芝コースの馬場傾向から振り返る。火曜日に19.0mm、水曜日に47.0mm、木曜日に0.5mmの雨量を計測し、金曜日の馬場発表時点では稍重。レース開催日の土曜日はクッション値9.2、ゴール前含水率10.5%。日曜日はクッション値9.3、ゴール前含水率9.7%で両日とも良馬場でレースが行われた。

時計面では3歳以上2勝クラスの芝1600m戦で1:34.0がマークされ、冬場ということを考慮するとそれなりの時計が出る馬場。上がりも極端に速いわけではないものの、スローペースになれば33秒台の上がりがマークされる状態だった。

芝コースで行われた10レースの3着内馬の4角通過順位を見ると、4角先頭だった馬が4勝、2着1回、3着1回。4角2~4番手だった馬も3勝、2着6回、3着4回と先行馬の活躍が目立っていた。それでも、4角5~7番手は1勝止まりながら2着3回、3着4回と馬券には多く絡んでおり、よほど極端な位置取りとならない限り好走のチャンスはあると言える。

続いて直線コースの残り200m地点で3着内馬が通った進路についても見ていこう。

最内を通った馬が4勝、2着1回、3着1回。内から2~4頭目を通った馬が5勝、2着6回、3着4回と好走馬の70%を占めており、まだまだ内をロスなく通った方が有利な馬場状態であることが見て取れる。枠順が命運を分ける可能性も高く、差し馬なら馬群を割ってこれるタイプを狙うのが良さそうだ。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。