大学4冠にあと1勝に迫った慶大に東京運動記者クラブアマチュア野球分科会賞(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

東京運動記者クラブアマチュア野球分科会は24日、今年の分科会賞に全日本大学選手権を制し、明治神宮大会で準優勝した東京六大学リーグ・慶大を選出したと発表した。

 慶大は、ソフトバンクにドラフト2位で指名された主砲・正木智也外野手(4年=慶応)らの活躍で春のリーグ戦で3季ぶり38度目の優勝を果たすと、続く全日本大学選手権でも34年ぶり4度目の優勝。秋のリーグ戦も制すと、明治神宮大会でも決勝に進出。史上5校目(6校目)となる大学4冠に王手をかけたが、決勝で中央学院大(千葉県大学)に8―9で惜敗し、六大学勢初となる大学4冠をあと1勝で逃していた。

 堀井哲也監督(59)は「非常に栄誉ある賞をいただき、この1年間の選手の頑張りが報われたということで非常にうれしく思います。これから先、いただいた賞に恥じない野球を慶大の野球部としてどう積み重ねていけるか。この受賞を励みにもステップにもして、伝統を積み重ねていこうと思います」と喜びを語った。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。