【ラグビー】リアルで原石発掘! ビッグマン&ファストマンキャンプが大阪で2年ぶりの実地開催(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

磨けば光るゲンセキが、大阪・堺に集結する。

 一芸に秀でた高校世代の無名選手を集めた人材育成合宿「ビッグマン&ファストマン キャンプ」の第6回が、12月17日から19日の3日間、大阪府のJ-GREEN堺で開催される。

 このキャンプは、未完成だが有望なサイズ、スピードを持つ無名選手の発掘・育成を目的として2018年に初開催。コロナ禍により2020年からはオンラインで実施してきたが、今回は2019年以来2年ぶりにリアルで開催される。

 毎回全国から将来有望なサイズを持っている(ビッグマン)、スピード系の能力が高い(ファストマン)が集まり、ラグビー界の先端プログラムを指導。2021年は女子版の発掘プロジェクト、女子15人制TID「Strong Girls」もスタートした。

 開催に尽力しているのは高体連ラグビー専門部副部長の天野寛之氏。発起人は元日本代表で、日本ラグビー協会リソースコーチの野澤武史氏。

 参加者に伝えたい重要なメッセージのひとつは、今は未完成かもしれないが君には大きな可能性がある、ということだ。

「キャンプの中期的なゴールは、有望な無名選手が大学でもラグビーを続けて7年計画で成長してもらう状況を作ることです。2020年からの3回はオンラインで開催してきましたが、将来性のある選手をしっかり把握する必要もあり、ドクターに帯同してもらうなど感染対策をした上で、2019年12月以来となる実地での開催に至りました」(野澤氏)

 過去のビッグマン&ファストマン キャンプに参加したゲンセキたちの多くは、その後もラグビーを続けている。第1回の参加者でいえば「7、8割」(野澤氏)が大学でラグビーを続けたというから驚きだ。

 第1回に参加した明大中野八王子高のLO松本光貴(明治大)は、なんと飛び級でU20日本代表に。山口・宇部高から筑波大へ進んだWTB中山覚富もU20代表候補に抜擢された。

 大阪・寝屋川高出身のWTB福田大河は2021年末、同志社大で11番を背負い、大学選手権3回戦にも先発している。LO矢野裕二郎はいまや関東学院大の主力級だ。

 第1回以降の一例では、宮城・仙台高のLO浅井勇暉は慶應義塾大へ進学。青森・八戸工業から大東文化大に進んだLO佐々木柚樹は、大学トップレベルで1年目から先発を勝ち取っている。

「サイズやスピードに秀でた一芸突出型の選手は、大学になって大きく伸びる可能性があります。八戸工業高出身の佐々木が良い例でしょう」(野澤氏)

 ただゲンセキの多くは埋没しやすい。各大学のリクルート事情もあって、高校2年から高校3年の選抜大会あたりまでの実績、能力で判断せざるを得ないという。タイムリミットの事情に加え、2020年春からはコロナ禍における移動制限も重なり、全国的に無名のビッグマン&ファストマンに光が当たりづらい状況だ。

 そんな彼らに情報網も駆使しながらコンタクトし、日本ラグビー界としての期待を伝え、ラグビーを続けてもらいたい。ビッグマン&ファストマン キャンプも4年目に入り、全国9ブロックからの情報が集まるようになってきたという。

「第1回は僕が全国9ブロックを回って実際に見た選手が中心でしたが、ここ数年で情報発信の矢印の向きが変わり、各ブロックから『あの高校にビッグマンがいる』といった情報が入ってくるようになりました。今回も協会として直接選んだ選手に、全国9ブロックの推薦選手、自己推薦枠の選手を加えた40名が大阪にやってきます」
 
 大阪の古豪・布施工科高校からは181センチ126キロのプロップ、岡村高雅。
 過去に花園で4連覇をした大阪・常翔啓光学園からは、188センチ128キロのLO/NO8小松輝也が参加する。
 栃木・作新学院高から参加するのは185センチの司令塔、SO中田和志。
 参加者40人中で最も高い192センチのビッグマンはロックではなく、神奈川・法政二高のユーティリティBK平野仁だ。
 大分県の西部、玖珠町からは玖珠美山高のWTB後藤洸輝がやってくる。
 
 実際に見てみたいゲンセキを挙げていけばキリがない。
 17日の金曜日、J-GREEN堺から、今年はどんな物語が始まるのだろう。

(文:多羅 正崇)

<第6回TIDユースキャンプ(Bigman & Fastman Camp)参加メンバー>

PR 岡村 高雅(布施工科高校 2年/181cm 126kg)
PR 綿 竜太郎(浪速高校 2年/186cm 115kg)
PR 木村 大祐(洛水高校 1年/181cm 126kg)
PR 栗山 学(和歌山工業高校 1年/177cm 120kg)
PR 小濱 由路(平塚学園高校 2年/180cm 125kg)

PR 田能 開成(早稲田大学高等学院 1年/186cm 119kg)
PR 岡田 厚卓(倉敷工業高校 2年/174cm 128kg)
PR 中鶴間 巧磨(八戸西高校 2年/183cm 107kg)
PR/LO 松田 優太朗(京都工学院高校 1年/189cm 115kg)
PR/FL 益子 龍磨(太田第一高校 1年/184cm 117kg)

LO 中森 悠路(柏中央高校 2年/187cm 98kg)
LO 小笠原 穣(三本木農業高校 2年/190cm 81kg)
LO 丸山 怜真(東海大学付属静岡翔洋高校 2年/186cm 85kg)
LO 川部 剛大(都島工業高校 2年/190cm 120kg)
LO 松本 浩輝(つくば秀英高校 2年/187cm 118kg)

LO 黒田 周平(日本大学高校 2年/187cm 85kg)
LO/FL/NO8 名取 稜太朗(東海大学付属静岡翔洋高校2年/186cm 93kg)
LO/NO8 木村 望叶(山形南高校 2年/187cm 105kg)
LO/NO8 小松 輝也(常翔啓光学園高校 2年/188cm 128kg)
LO/WTB 山本 圭悟(東海大学付属相模高校 2年/187cm 77kg)

FL/NO8/CTB/WTB 五味 久宗(北稜高校 2年/180cm 77kg)
FL/NO8 大内 照洋(春日井高校 1年/185cm 72kg)
NO8/CTB 江角 拓馬(洛北高校 2年/184cm 85kg)
NO8 牧野 圭太(洛水高校 1年/184cm 124kg)
SO 中田 和志(作新学院高校 1年/185cm 75kg)

SO/FB 瓜生 丈道(小倉高校 2年/173cm 72kg)
SO/CTB/WTB 石野 創太郎(川和高校 2年/171cm 67kg)
CTB 高橋 和希(金足農業高校 2年/174cm 78kg)
CTB 白石 空(関大北陽高校 1年/182cm 76kg)
CTB 松嶋 礼(北越高校 2年/175cm 77kg)

CTB/WTB 六川 統和(名古屋高校 2年/179cm 88kg)
CTB/WTB/FB 平野 仁(法政大学第二高校 1年/192cm 80kg)
WTB 岩崎 椋(淀川工科高校 2年/178cm 70kg)
WTB 上井 祐紀(大阪産業大学附属高校 2年/183cm 72kg)
WTB 重黒木 将迪(延岡星雲高校 2年/177cm 76kg)

WTB 野下 光流(興國高校 1年/173cm 70kg)
WTB/FB 小椋 洋翔(延岡星雲高校 2年/165cm 62kg)
WTB/FB 竹歳 大輝(倉吉東高校 2年/179cm 70kg)
FB 吉田 雅(京都工学院高校 2年/173cm 73kg)
FB 後藤 洸輝(玖珠美山高校 1年/173cm 70kg)

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。