【箱根駅伝の一番星】ラストに「主将らしい走りを」東海大学・本間敬大がチームのために快走を誓う(BBM Sports)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:BBM Sports

陸マガの箱根駅伝2022カウントダウン企画「箱根駅伝の一番星」は出場20校の注目選手を紹介。最後の箱根駅伝、それも主将の立場となれば、そこに懸ける思いはひとしおに違いない。東海大学を束ねる本間敬大(4年)もその一人。大学で競技を終える本間はラストの箱根路で集大成の走りを誓う。

 競技生活最後の大舞台が近づいてきた。東海大の主将を務める本間敬大(4年)は、「集大成として、チームのため、これまで支えてくれた人たちのために走りたい」と、虎視眈々、そのときに備えている。

 豊中十一中(大阪)から、長野の佐久長聖高に進学。中学時代に全国大会の出場経験がなかったにも関わらず、強豪校で1年生から全国高校駅伝に出場。3年時の同大会では4区で区間賞を獲得し、チームの優勝に貢献。都道府県駅伝では、2年連続で4区の区間賞を手にした。

 2018年春に東海大へ。全国区の実績を引っ提げて入学したが、2学年上に“黄金世代”といわれた強力な先輩たちがずらりと名を連ねており、なかなか駅伝メンバーの座をつかむことができなかった。初めて学生三大駅伝に出場したのは、3年目の全日本大学駅伝。5区で区間4位と好走すると、続く箱根駅伝でも7区を任され、区間6位で走り切った。

 箱根駅伝の前には、21年度の主将就任が決定していた。「速さより、強くて安定感のあるチームをつくっていきたい」と始動したが、2月に右の足首を痛め、2カ月ほど走れない日々が続いた。大学に入ってから故障で長期離脱したことはなく、戸惑いもあったという。また、大学で競技を引退し、一般企業に就職する道を選んだことから、春は就職活動で忙しかった。全体練習に参加できないこともあり、「主将として、チームを引っ張ることができませんでした」と、もどかしさも感じていた。

 しかし、就職活動が落ち着いてからは、生活面、競技面の両方でリーダーシップを発揮。自身も駅伝シーズンに向けて調子を上げていった。

コメントは受け付けていません。