【DeNA】宮国椋丞、W師匠パワーで再起へ「自分を追い込んでやっていきたい」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

DeNAの宮国椋丞投手(29)が23日、ダブル師匠パワーで再起をかける考えを示した。

 20年終了後に巨人から戦力外通告を受け、今年3月にDeNA育成契約を結んだ右腕。支配下登録をつかむと、17年以来4年ぶりの白星もつかみ取った。だが、先発ローテに定着することはできずに3登板のみに終わった。

 それでも、どん底からはい上がった苦労人には、力強いサポートがある。まず1人目はコーチングアドバイザーに就任した小谷正勝氏(76)だ。巨人時代から指導を受けており、宮国は「すごいびっくりしました。まさかまた一緒にやらせていただくことになるとは思っていなかったので、ご縁があるのかなとは思いました」。投球のリズム、タイミング、テンポなど口を酸っぱくして言われていたといい「けっこう見ていただいてきたので、僕の小さな変化にも気づいてくれたと思うので、色々聞いて行きたいと思っています」と心待ちにした。

 さらに巨人時代から「練習、野球に対する姿勢だったりはいつ見ても尊敬する部分」と、師匠として慕う西武・内海哲也投手兼コーチ(39)の存在も大きい。来年1月の自主トレをともに行う予定。内海が来季からコーチ兼任になったことで、宮国は「例年以上に厳しく接してくれると思う。しっかり見習いながら、色々質問していくので、そういったところをまたプラスに変えていいトレーニングになるようにやっていきたい」。キャンプイン前から、体をいじめ抜く覚悟だ。

 昨オフは、所属球団が決まらない中で、トレーニングを続けてきた宮国。「あの頃の気持ちでこのオフもやっていけたらと思います。自分を追い込んでやっていきたいです」と新天地2年目にかける思いは強い。来年4月には30歳。「ベイスターズというチームの勝利に貢献して、恩返ししたい気持ちは持っているので1勝でも多く、1球でも多く1軍のマウンドで投げられるように準備していきたいなと思います」と決意を口にしていた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。