【大分】下田北斗の「右足」キラリ。またも同点アシストも「細かいところが勝負を分ける」という涙の真理(サッカーマガジンWeb)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:サッカーマガジンWeb

12月19日の天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会決勝で、大分トリニータはあと一歩のところまで迫りながら、浦和レッズに敗れて準優勝に終わった。クラブ初のファイナルの舞台で一度は同点に追いついたが、演出したのは下田北斗。準決勝から2試合続けての劇的同点アシストとなったが、勝ちきれずに涙もこぼした。

【写真】下田北斗はトップ下から最終ラインまで、幅広く動いて大分の攻守の軸になった(写真◎小山真司)

■2021年12月19日 天皇杯第101回全日本サッカー選手権決勝(@国立/観衆57,785人)
浦和 2-1 大分
得点者:(浦)江坂任、槙野智章
    (大)ペレイラ

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。