【カペラS】モズスーパーフレア最後の逃走も高速ラップを刻む 捕らえたダンシングプリンス今後の可能性(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

19年北九州記念で3番手から競馬して以来、芝、ダート、G1であってもハナを譲ることがなかった快速牝馬モズスーパーフレアが引退を表明。最後の舞台は、ダート短距離でも屈指の序盤が速い中山ダート1200mカペラS。芝スタートから一気に駆け下りるこのコースで大外枠。モズスーパーフレアにさあ思う存分そのスピードを発揮してくれといわんばかりの舞台だった。

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2021予想】サークルオブライフ、ウォーターナビレラよりも強力!? 重賞馬以上の内容で勝ってきた「この馬」に注目だ(SPAIA編)

そしてモズスーパーフレアは、スタートを決め、ダートコースに入る地点で後続に1、2馬身の差をつけてハナへ。これしかない。6歳牝馬の迷いなき逃走は気持ちいい。同じ中山でも芝1200mのG1スプリンターズSで19年前半600m32.8、20年33.3を記録したが、カペラSの前半600mは32.8。芝で飛ばした19年と同じラップを刻むとは。芝もダートも同じペースで走る馬といえば、クロフネを思い出すが、そう多くは存在しない。モズスーパーフレアのスピードに改めて敬意を表したい。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。