【注目2歳馬】堅実に走る血統から新馬戦勝利のエアアネモイ Point of Entry産駒は日本の芝適性あり(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

朝日杯FS当日、12月19日(日)の阪神5Rに行われた芝2000mの新馬戦を勝利したのはエアアネモイ(栗東・池添学厩舎)だった。

【有馬記念 2021予想】競馬初心者も必見! データでクロノジェネシス、エフフォーリアら有力馬を分析(SPAIA編)

10頭立ての9番ゲートからスタートし、スッと前に取り付く。他に逃げたい馬がいなかったこともあり、結果的に逃げることとなった。向正面に入ると外にいたロードレアル(栗東・杉山晴紀厩舎)もピッタリと並ぶ形でレースは流れていき、13.8-12.5-13.7-13.2-12.7(1:05.9)と超スローペース。

その後は12.6-12.3とペースアップしていき、4角で後続を突き放しにかかる。鞍上のC.デムーロ騎手は直線で荒れている内を避けて、馬場の真ん中へと持ち出す。そのまま最後まで突き抜けて、後続に3馬身差をつける快勝。2:05.6と時計は遅かったが、能力の高さは垣間見ることができたデビュー戦だった。

父はPoint of Entry、母はNokaze。半兄エアアルマスは芝で3勝した後に東海Sを勝利、エアファンディタも芝で4勝をあげてオープン入り、1歳上の全兄エアサージュは今夏に北海道で連勝して菊花賞にも駒を進め、8着という結果を残している堅実な母系。エアアネモイも兄たちと同様に堅実に、ひいては重賞戦線でも活躍してくれることを願いたい。

Point of Entryは現役時代、アメリカでソードダンサーSやジョーハーシュターフクラシックなど芝12ハロンのレースを中心にG1・5勝をあげている。今年に入ってロータスランド(栗東・辻野泰之厩舎)が関屋記念を制するなど、日本の芝への適性は証明済み。日本に輸入されている産駒は少ないが、引き続き注目しておきたい血統だ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。