【三遠vs大阪】ホームで連敗ストップを狙う三遠、太田や杉浦ら日本人ビッグマンの働きがカギに(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

■三遠ネオフェニックス vs 大阪エヴェッサ(@豊橋市総合体育館)
第1戦:12月18日17時5分 第2戦:12月19日14時5分

 前々節は千葉ジェッツを苦しめながらも白星を逃し、10連敗に達した三遠ネオフェニックス。広島ドラゴンフライズと対戦した前節は、第2クォーターの29失点が大きく響いて8点差で敗れ、連敗を伸ばす結果となった。ロバート・カーターは20得点に加えて今シーズン最多の13リバウンドをマークしたが、エリアス・ハリスの戦線離脱以降はそのカーターとジャスティン・ノックスの負担を減らすことができない状態が続き、2人の疲労度が気になるところだ。

 大阪エヴェッサは三遠と同様に連敗が続く滋賀レイクスターズをホームに迎え、最大16点差を一時は2点差まで縮められながらも逆転は許さず、最後は8点差で事なきを得た。結果的にはディージェイ・ニュービルを中心に力強く攻めた第3クォーターの29得点が効いた形だ。直近では3連勝の後に2連敗を挟んで現在2連勝。9勝10敗と”借金”を1まで減らし、今節は開幕戦以来となる”貯金”を作るチャンスだ。

 三遠は外国籍選手2人の負担を減らしたい一方で、大阪の高さに対する有効な手も考えなければならない。特にリーグ21位というリバウンドの少なさは改善を要し、その意味でも前節はわずか1分55秒の出場にとどまった太田敦也の働きが重要になることは言うまでもない。また、今シーズンは9リバウンドの試合が2度あったサーディ・ラベナにも一定の期待がかかり、そのサイズを考えると杉浦佑成も積極的にリバウンドに飛び込みたいところだ。

文=吉川哲彦

■ロスター
・三遠(HC:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)
サーディ・ラベナ
ロバート・カーター
太田敦也
杉浦佑成
岡田慎吾
ジャスティン・ノックス
松脇圭志
エリアス・ハリス
田渡凌
津山尚大
津屋一球
山内盛久

・大阪(HC:天日謙作)
青木龍史
ケドリック・ストックマン・ジュニア ※特別指定
エリエット・ドンリー
ジャワラジョセフ
デイビッド・ドブラス
ザック・モーア
中村浩陸
橋本拓哉 ※インジュアリーリスト
竹内譲次
合田怜
カイル・ハント
ディージェイ・ニュービル
木下誠
アイラ・ブラウン
ペリー・エリス ※インジュアリーリスト

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。