【朝日杯FS】現時点の完成度とマイル適性が問われる一戦 京大競馬研の本命は重賞2勝馬セリフォス(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

12月19日(日)に阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが行われる。唯一の重賞2勝馬セリフォスや札幌2歳Sを圧勝したジオグリフ、リステッド競走を勝ったダノンスコーピオンやドウデュースに加え、“ウマ娘”でおなじみサイバーエージェント代表の藤田晋オーナーが馬主1年目にしてドーブネをG1の舞台に送り込んできた。

【朝日杯フューチュリティステークス 2021予想】ジオグリフ、ダノンスコーピオンらに好データ! 確認したい「あるプロフィール」とは?(SPAIA編)

ホープフルSのG1昇格以降はクラシックに出たい馬はよりそちらに流れるようになり、当レースは今後マイルで活躍する馬を輩出するレースへと変貌した。将来のマイル王たる馬がここから現れる、非常に楽しみな一戦だ。データを元にしっかり的中させていきたい。

阪神開催に変わった2014年以降、過去7年間の前走距離別成績を調べた。勝率、連対率、複勝率全ての面で上位なのはやはり前走1600m組で、【5-4-4-33】であった。単勝回収率は60%しかないが、これは人気馬が順当に勝っていることの裏返しで、2016年サトノアレス以外の勝ち馬は全て1、2番人気。馬券内まで広げても前走マイルかつ今回2番人気以内であれば【4-2-2-1】と堅実。

高額レースの少ない2歳戦はマイル重賞実績がそのまま人気、結果に直結するため、マイルG2・G3を勝ったセリフォスは軸からは外せない。中山開催時の2013年に重賞2勝ながら2着に敗れたコディーノがいるものの、コディーノの重賞勝ちはどちらも1800mであったのに対してセリフォスはどちらもマイル。不安は皆無だ。

コディーノですら敗れてしまった前走1800m組は阪神開催になってもすこぶる不調で【0-1-0-14】と2018年にクリノガウディーが連対したのみとなっている。そのクリノガウディーはレースレベルの高い東スポ杯からの参戦で何とか2着に食い込んだものの、東スポ杯で勝ち負け出来る馬はホープフルSに流れる傾向が強く、朝日杯に来る馬はそもそも馬の実力が足りない、もしくはマイルのペースに対応出来ない、など様々な理由で馬券外に敗れている。ジオグリフが該当する前走札幌2歳S組は7年で1頭(ブライトエンブレム)しかおらず、2番人気ながらマイルのペースに対応出来ず7着に敗れている。

前走1400mも【1-2-3-38】で複勝率は13.6%と1800m組ほどではないがこちらも不振。マイルへの対応力という面では劣るため重賞馬でも迂闊に信用出来ない。しかしスプリント戦の経験からハイペースへの適性が高く、スタミナの余裕があれば十分差し込めるのが距離延長組の特徴で、グレナディアガーズがその最たる例である。京王杯を1秒以上上回る好時計で未勝利戦を駆け抜け、思い返せば大いに買う価値のあった1頭と言える。

京王杯組からは近年は2019年にはタイセイビジョンが、2017年にはタワーオブロンドンが馬券になっているが、どちらも前半からペースが流れてレースレコードを更新した年。ハイペース適性の高さから差しが効いたと考えるべきだろう。今年は例年にも増して逃げを戦法とする馬が多く(オタルエバー、カジュフェイス、プルパレイ)、前走引っかかったドーブネもいてハイペース必至。今年も短距離を差しで戦ってきた馬は相対的に高く評価するべきだろう。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。