【ホワイトクリスマス賞】スモモモモモモモモ出走 白毛・芦毛限定、川崎競馬場の名物レースを制したのは森泰斗騎手騎乗のグリュレーヴ(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

パドックを周回しているのは、白っぽい馬体の馬ばかり。出走が許されるのは白毛と芦毛のみという川崎競馬の名物レース、今年43回目の開催を迎えた「ホワイトクリスマス賞」が行われた。

出走馬を先導するのは、12月の川崎開催ではもうおなじみの光景となったトナカイとサンタクロース。クリスマスの雰囲気を感じることができ、誘導馬たちを目当てに川崎競馬場に足を運ぶファンも多いのではないだろうか。

このレースにはデビュー前から個性的な名前で注目を集め、11月1日(月)の大井競馬で初勝利をあげたスモモモモモモモモも出走。初勝利をあげた直後に発売されたぬいぐるみやキーホルダー、スモモモチは一時完売することもあったほど。アイドル的存在となっている彼女が出走することもあり、例年以上に大きな注目を集める中でのレースとなった。

五分のスタートを切ったスモモモモモモモモだったが、先行したい外枠勢が押し寄せたところで包まれる形。そこから徐々にポジションが悪くなり、3角では最後方までポジションを下げ、直線で1頭交わしたものの12着という結果だった。

これまで12戦全てが大井コースで今回が初の川崎コースだったことや初の左回り、初の1600mということも影響したのだろうか。返し馬の段階からあまりリズムに乗れていないようにも感じたが、この経験を糧に次走以降再び彼女らしい走りが見られることを期待したい。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。