【ラグビー】関西学院大、摂南大が「A」の意地見せる。入替戦で大体大、龍谷大を大差で破る(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

関西大学A・Bリーグの入替戦が宝が池球技場で12月11日におこなわれ、Aリーグ8位の関西学院大、同7位の摂南大がそれぞれBリーグ1位の大体大、同2位の龍谷大を破り、Aリーグ残留を決めた。

 1試合目では、6季ぶりの入替戦出場となった関学が大体大から7トライを奪い、48―17で圧倒した。入替戦がおこなわれなかった昨季が降格1年目だった大体大にとって、2年ぶりの昇格に期するものがあったが、中谷誠監督は「完敗です」と肩を落とした。

 序盤から関学が掲げるムービングラグビーがさく裂した。自陣から展開し、WTB加藤匠朗が2度に渡り大きくゲイン。最後はラインアウトモールでLO藤井崇弘がインゴールに入った。

 続く12分にはWTB加藤が今度は自らトライを挙げる。4分後にモールから1トライを返されるも、24分にLO藤井が再びトライを奪いリードを保った。その後、スコアはできなかったが、前半終了間際に相手の強みとするスクラムでペナルティを奪い、さらに勢いづいた。

 19―5で迎えた後半も関学が優位に立つ。10分、PGで17点差とすると、直後に再びスクラムでペナルティを奪った。そして15分、22分とFW、BK一体となったアタックで崩し切り、36―5までリードを広げて安全圏に入った。

 大体大は終盤にキックオフからチャンスを作り2トライを挙げるも、追撃とはならず。48―17でノーサイドの笛が鳴った。

 関学の小樋山樹監督は「すごいプレッシャーと戦っていた中で、4年生中心に体を張ってくれた」と選手たちをねぎらった。

 リーグ戦最終節で優勝した京産大にディフェンスで引かなかったことが、大きな自信につながっていた。
「京産戦でどこまでできるかで来週(入替戦)につながるなと感じていた。そこでは負けてしまったけど(5―33)、僕らはやれると自信を持って今日臨めました」とFL魚谷勇波主将は言った。「下級生が多い中でよくやってくれたと思う」と続けた。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。