琉球が宇都宮に2試合連続の逆転劇…秋田はA東京に連勝を飾る/B1第10節(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

Bリーグの2021-22シーズン、第10節が12月11日から12日にかけて各地で行われた。

【動画】広島vs三河のGAME2で起こった驚異の逆転劇!

 秋田ノーザンハピネッツはアルバルク東京とホームで対戦。GAME1では保岡龍斗が18得点と存在感を発揮し、前半だけで16点のリードを作った秋田が、69-60で勝利した。続くGAME2でも第1クォーターからリードを奪うと、A東京の猛追を幾度も耐え凌ぎ、75-68で連勝を収めた。

 琉球ゴールデンキングスは敵地で宇都宮ブレックスに連勝を飾った。前半を10点のビハインドで終えた琉球だったが、後半に巻き返すと、試合終了間際にアレン・ダーラムが逆転のシュートを沈め、66-65でGAME1に勝利。さらに、GAME2でも宇都宮にリードされる展開となるが、最終クォーターに13-0のランで猛追し、65-62と2試合連続での逆転劇を演じた。

 群馬クレインサンダーズは信州ブレイブウォリアーズをホームに迎えた。GAME1では、ジャスティン・キーナンが21得点を挙げ、90-87で接戦を制した。こちらも接戦となったGAME2では、終盤にマイケル・パーカーとアキ・チェンバースの得点で1点差に詰め寄ると、試合残り6秒にカイル・バローンの逆転シュートが決まり、66-65で群馬が連勝を飾った。

 広島ドラゴンフライズとシーホース三河の対戦は痛み分けとなった。GAME1ではダバンテ・ガードナーの18得点を筆頭に5選手が2ケタ得点を挙げた三河が、91-74で快勝。続くGAME2でも11点ビハインドで最終クォーターを迎えた広島だったが、試合終盤に14-0のランを作り、76-75で大逆転に成功した。

 茨城ロボッツと島根スサノオマジックの対戦は、1勝1敗のイーブンに。GAME1ではペリン・ビュフォードの23得点を筆頭に、87-59で島根が快勝した。しかし、続くGAME2では茨城の平尾充庸が24得点9アシストと活躍し、接戦となる。同点で迎えた茨城のラストプレー、平尾の勝ち越しを狙ったシュートがこぼれたところを、マーク・トラソリーニがバスケットカウントで押し込み、88-85で劇的な勝利を飾った。

 千葉ジェッツは三遠ネオフェニックスと敵地で対戦した。ジョシュ・ダンカンが36得点14リバウンド、ジョン・ムーニーが28得点19リバウンドと躍動すると、富樫勇樹も7得点ながら13アシストをマーク。101-89でGAME1に勝利すると、続くGAME2では富樫が26得点9アシスト2スティールと存在感を発揮する。接戦となるも終盤に富樫が勝負強さを見せ、87-80で連勝を飾った。

 そのほかの試合結果、次節の日程は以下の通り。

■【第10節】試合結果
※左側がホームチーム

北海道 vs 大阪
GAME1 77-70
GAME2 80-83

秋田 vs A東京
GAME1 69-60
GAME2 75-68

宇都宮 vs 琉球
GAME1 65-66
GAME2 62-65

群馬 vs 信州
GAME1 90-87
GAME2 66-65

横浜 vs 川崎
GAME1 77-90
GAME2 77-103

広島 vs 三河
GAME1 74-91
GAME2 76-75

茨城 vs 島根
GAME1 59-87
GAME2 88-85

SR渋谷 vs 新潟
GAME1 79-70
GAME2 97-72

三遠 vs 千葉
GAME1 89-101
GAME2 80-87

滋賀 vs 富山
GAME1 102-107
GAME2 90-95

京都 vs 名古屋D
GAME1 58-91
GAME2 48-93

■【第11節】対戦カード
※左側がホームチーム

▲12月15日
19:05 茨城 vs 北海道
19:05 千葉 vs 横浜
19:05 A東京 vs SR渋谷
19:05 川崎 vs 群馬
19:05 富山 vs 信州
19:05 三河 vs 名古屋D
19:05 大阪 vs 滋賀
19:05 広島 vs 三遠
19:25 宇都宮 vs 秋田
19:35 島根 vs 新潟
19:35 琉球 vs 京都

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。