【阪神JF】来年の競馬を占う2歳牝馬決戦の歴史 ウオッカやアパパネなどの名牝がここから大きく飛躍!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

チャンピオンズCは1番人気のテーオーケインズが勝利。マイルCS、ジャパンCに続き人気馬が期待に応える結果となった。ただ、引退の花道を飾ったグランアレグリア・コントレイルとは違い、テーオーケインズは4歳馬。並み居るベテラン実績馬を相手にあの圧勝。新時代を予感させる走りだった。

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2021予想】サークルオブライフ、ウォーターナビレラよりも強力!? 重賞馬以上の内容で勝ってきた「この馬」に注目だ(SPAIA編)

今週は2歳女王決定戦、阪神JF。素質馬や良血馬、ひいては未来の名繁殖牝馬が集まるだけに、いつも以上に血統が気になるのも阪神JFの楽しみのひとつだろう。1995年勝ち馬のビワハイジは繁殖として2008年勝ち馬ブエナビスタ・2011年勝ち馬ジョワドヴィーヴルを送り出し、親子制覇を達成。今年の有馬記念へ挑戦を表明しているウインキートスの母、イクスキューズは2006年阪神JFの5着馬である。

前身である阪神3歳牝馬S時代にはメジロドーベルやビワハイジ、ニシノフラワーらを輩出。現在の阪神JFとなってからもウオッカやアパパネ、ブエナビスタらを輩出するなど、素質馬が集う一戦。来春以降を見据えて楽しみたいレースでもある。今回はそんな阪神JFの歴史を振り返る。

コメントは受け付けていません。