【阪神JF】2歳女王は2歳王者の血から 血統からの注目はラブリイユアアイズ(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

2021年12月12日に阪神競馬場で行われる第73回阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)。勝ち馬には2017年ラッキーライラックのように古馬になっても活躍した馬もいるにはいるが、2歳G1ということで完成の早さも大事となってくる。

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2021予想】サークルオブライフ、ウォーターナビレラよりも強力!? 重賞馬以上の内容で勝ってきた「この馬」に注目だ(SPAIA編)

今回注目したいのは、新種牡馬・ロゴタイプ産駒のラブリイユアアイズ。初年度ということでまだ父系の特徴はつかめていないが、祖父ローエングリン産駒はロゴタイプ(朝日杯FS)、カラクレナイ(フィリーズレビュー)、ウゼットジョリー(新潟2歳S)など、仕上がり早のタイプが目立っていた。ラブリイユアアイズの祖母は米愛の中距離重賞を勝った実績馬。完成度に加えて阪神のマイルを克服できるパワーとスタミナも持ち合わせており、2歳女王にふさわしい血統の持ち主といえる。

違う角度での注目馬はダークペイジ。父Dark Angelは英2歳G1を制したNorthern Dancer系の快速馬で、代表産駒も欧州を中心として仕上がり早の短距離馬を多数輩出。母はSadler's Wellsの3×3をはじめとして欧州血脈で固められており、どう考えても日本の高速馬場に合わない血統なのだが、ここまで軽快な先行力を見せて連勝。もしここも勝つようだと、将来は「怪物級」に育つかも、と期待している。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。