【チャレンジC】コース傾向徹底分析! 強い味方は川田将雅騎手と池江泰寿調教師 覚えておきたいデータとは(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

チャレンジCはこれまで多くの変化を遂げてきた。特にこの10年間で時期も距離も変更された。今年と同条件のチャレンジCは17年からのたった4回。正直、データとして扱うにはサンプル数が少なすぎる。そこで、ここでは2011年以降の阪神芝2000m、古馬3勝クラス、オープン、G3の計66レースを使い、コース傾向から考えてみたい。

【ジャパンカップ 2021予想】三冠馬コントレイル、現役ラストラン! 食らいつくのはシャフリヤールか、オーソリティか(SPAIA編)

G1大阪杯、鳴尾記念(今年は代替中京)、マーメイドS、チャレンジCと年間4重賞が組まれる阪神芝2000mは内回りコースで行われ、紛れや波乱のイメージもある。そこで人気別成績を出すと、1番人気【19-10-7-30】勝率28.8%、複勝率54.5%。66レース中30レースで1番人気が馬券圏外、これをどうとらえるか、人それぞれだろうか。

以下、好走確率はおおむね人気順に低下。2番人気【10-9-13-34】勝率15.2%、複勝率48.5%、3番人気【7-9-8-42】勝率10.6%、複勝率36.4%と推移し、6番人気【5-2-6-53】勝率7.6%、複勝率19.7%から複勝率の低下も大きくなる。

急坂がある阪神は最後の直線で逆転するイメージも強い。坂をあがる最後の200mでラップが落ち、時計を要する決着も確かに多い。外回りならばペース次第で逃げ・先行馬が最後に厳しくなりがちだが、内回りの2000mは少々事情が違う。逃げ【9-10-4-46】勝率13%、複勝率33.3%、先行【28-20-20-159】勝率12.3%、複勝率30%。対して差し馬勢は中団【21-26-29-215】勝率7.2%、複勝率26.1%と後方【7-10-13-206】勝率3%、複勝率12.7%で劣勢。

同条件で芝1800m(61レース)をみると、後方はよくないが、中団は【25-28-25-191】勝率9.3%、複勝率29%で先行【21-12-15-171】勝率9.6%、複勝率21.9%と互角。やはり外回りは差しも届くが、内回りは先行有利といえる。

ただし、直近のリステッド競走11月20日のアンドロメダSは1着ラーゴム、2着ボッケリーニ、3着プレシャスブルーと差し決着。ん?データと違う。いや、実はこのレース、前半1000m1.01.1と遅かったが、中盤の800m通過後から最後の200mまで5ハロン連続11秒台が刻まれる、超ロングスパート型の競馬だった。このように内回りを意識して、前がかりになる競馬もあるので、展開予想はきっちりしたいところだ。

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。