【カペラS】ダンシングプリンス、オメガレインボーは危険!? 狙いは快速牝馬モズスーパーフレア(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

12、1月と真冬の開催が続く中山。ダート競馬の旬を迎えるにあたり、ここから4月まで中山ダート1200mのオープン・リステッド競走が多く組まれる。カペラSはその出発地点でもある。中山ダート1200mは上級条件ほど波乱が多い。18年以降ダート3勝クラス以上のレースのうち、このコースは単勝回収値151で2位につける。1位の中京ダート1400m(165)とならび、難解な競馬が多く、カペラSも例外ではない。毎年、馬券妙味たっぷりなカペラSについて過去10年間のデータを使い、傾向を探っていきたい。

【チャンピオンズカップ 2021予想】ソダシのダート挑戦には課題が山積? データを覆して偉業なるか(SPAIA編)

まず人気別成績をみる。1番人気【1-1-1-7】勝率10%、複勝率30%と予想通り、不振。好走は18年コパノキッキングが勝ち、20年レッドルゼル2着、16年コーリンベリー3着の3例のみ。といいながらも、勝ち馬は4番人気以内が8頭で単勝最高配当は14年12番人気ダノンレジェンドの4,680円。2~4番人気以内の複勝率は53.3%なので、まずは上位人気の取捨選択からはじめたい。ただし、複勝率は6番人気20%、8番人気40%など穴馬のチャンスも十分ある。

ダート重賞というと、息長く活躍するベテラン勢にも気を配りたいところだが、短距離だけにここは若い組が優勢。3歳【2-0-0-5】勝率、複勝率ともに28.6%、4歳【4-2-2-22】勝率13.3%、複勝率26.7%。目つけは3、4歳に置きたい。一方で5歳【2-5-4-39】勝率4%、複勝率22%、6歳【2-2-1-29】勝率5.9%、複勝率14.7%と常連組も複勝圏内なら可能性は十分。7歳以上【0-1-3-33】複勝率10.8%まで連下候補は幅広くとりたい。

中山ダート1200mというと、スタート直後に芝の部分を長く走れる外枠有利が定説。カペラSも7枠【2-1-3-14】勝率10%、複勝率30%、8枠【2-1-1-16】勝率10%、複勝率20%と外枠も悪くない。しかし、もっともいいのは最内の1枠【4-1-1-13】勝率21.1%、複勝率31.6%。これはちょっと意外。

冒頭の18年以降3勝クラス以上のデータでは1枠の好走確率は高くないので、カペラS特有のデータだ。最高配当であげた14年ダノンレジェンドも1枠だった。同馬も含め、1枠から逃げた馬は【2-0-0-1】。1枠にスピードタイプが入ったら警戒したい。しかし、いいのは1枠のみで、2枠【0-0-1-19】、3枠【0-1-0-18】とさっぱりなので、要注意だ。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

                  ザ・シークレット・ホース

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。