【新潟vs秋田】11連敗中の新潟、ホームでの再開を機に長いトンネルから抜け出せるか(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

■新潟アルビレックスBB vs 秋田ノーザンハピネッツ(@シティホールプラザアオーレ長岡)
第1戦:12月4日17時5分 第2戦:12月5日17時5分

 3週間の中断を経て再開されるB1リーグ。第9節が行われるシティホールプラザアオーレ長岡では、新潟アルビレックスBBが秋田ノーザンハピネッツを迎え撃つ。

 新潟は前節、敵地で千葉ジェッツと対戦。初戦は62-88の大差で敗れたが、続く第2戦は第2クォーターを26-14として前半終了時点で11点リードする展開に。しかし、第3クォーターで17-35と反撃に遭うと、そのまま振り切られて今シーズン3勝目を逃す。連敗は「11」に伸びてしまった。

 秋田はホームでレバンガ北海道を連破して中断期間へ突入し、12月1日には天皇杯4次ランドの琉球ゴールデンキングス戦に臨んだ。しかし、結果は69-101で大敗。第1クォーターから10-27と大きく差をつけられると、後半の20分間でも計57失点。オフェンスもさることながら、最後まで安定したディフェンスを披露できなかった。

 昨シーズンの両者の対戦成績は2勝2敗。アオーレ長岡で行われた一戦では73-53で新潟が勝利を収めた。長い連敗から抜け出したい新潟は、この中断期間での成果が問われる。特に攻撃面では外国籍選手に頼らず、コート上の5人が連動し相手のディフェンス網を突破したい。勝利にはベテラン組の奮起も不可欠だ。

 対する秋田は、琉球戦の反省を踏まえ、落ち着いた立ち上がりを見せることが絶対条件。長谷川暢、中山拓哉の中心選手がしっかりとディフェンスのトーンをセットし、ローススコアゲームに持ち込みたい。

文=小沼克年

■ロスター
・新潟(HC:平岡富士貴)
岡本飛竜
星野曹樹
大矢孝太朗
ジェフ・エアーズ
コービー・パラス
木村圭吾
チリジ・ネパウェ
綿貫瞬
納見悠仁
佐藤公威
ロスコ・アレン
池田雄一
遠藤善

・秋田(HC:前田顕蔵)
王偉嘉
大浦颯太
田口成浩
ジョーダン・グリン
アレックス・デイビス
川嶋勇人
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
カディーム・コールビー ※インジュアリーリスト
コルトン・アイバーソン
古川孝敏

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。