【バレー】ドイツ・ブンデスリーガ2021/22 カップ戦 井手智のフランクフルトは準決勝進出ならず(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

ドイツ・ブンデスリーガ男子の2021/22シーズンは現地11月24日にDVVポカール(カップ戦)の準々決勝ラウンドが行われ、井手智が所属するフランクフルトはベルリンと対戦。1-3(24-26,20-25,25-21,27-29)で敗れた。

 ここまでレギュラーシーズン 9戦全勝のベルリンに対し、フランクフルトは第1セットを僅差で落とすと、第2セットでは計4本のブロックシャットを浴びて、王手をかけられる。第3セットは中盤以降に逆転に成功して奪い返したものの、続く第4セットはジュースの末に競り負けた。

 フル出場の井手はサーブレシーブ返球率53%(15本中)。オポジットのダニエレ・マレシャ(ドイツ)がチーム最多26得点と気を吐いた。昨年度の同大会ではチーム創設後初タイトルを手にしたフランクフルトだったが、連覇は道半ばに終わった。

 なお、勝利したベルリンはオポジットのベンジャミン・パッチ(アメリカ)が最多22得点。セッターのセルゲイ・グランキン(ロシア)が試合のMVPに選出された。

≪フランクフルト戦績≫
第1戦(10/6) vs.ベステンゼー 〇3-2
第2戦(10/9) vs.フリードリヒスハーフェン 〇3-1
第3戦(10/17) vs.デューレン 〇3-1
第4戦(10/23) vs.ギーセン 〇3-1
第5戦(10/30) vs.リューネブルク ●2-3
第6戦(11/3) vs.ベルリン ●0-3 ★井手 準MVP
第7戦(11/14) vs.ヘルシング 〇3-0
第8戦(11/17) vs,ミュンヘン 〇3-0

【DVVポカール(カップ戦)】
ベスト16ラウンド(11/6) vs.カールスルーエ 〇3-0
準々決勝ラウンド(11/24) vs.ベルリン ●1-3

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。