【東スポ杯2歳S】G2昇格元年! ここを突破しクラシック候補へ名乗りをあげるのは?(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

世代の素質最上位馬が名を連ねるクラシックの登竜門的レースとあって、今年からG2に格上げ。2年連続で勝ち馬はホープフルSを制覇、暮れから来春を展望する上で重要なレースだ。ここでは過去10年間のデータをもとに好走傾向について考えてみたい。

【エリザベス女王杯 2021予想】レイパパレかアカイトリノムスメか 今年も阪神開催、注意したいデータとは?(SPAIA編)

さすがに世代屈指の素材馬が集まるレースとあって、1番人気は【5-1-1-3】勝率50%、複勝率70%と勝ち切る傾向が強い。2番人気【2-3-0-5】勝率20%、複勝率50%など4番人気以内の好走確率が高く、5番人気【0-1-1-8】複勝率20%以下とは隔たりがある印象。ほぼ順当な結果になる。

特徴的な傾向に枠番別成績がある。1枠が【4-0-3-4】勝率36.4%、複勝率63.6%と圧倒的。このレース、ここ2年は8、10頭立てと少頭数。2歳重賞は各陣営の使い分けにより、少頭数になりやすい。そのため、1枠は揉まれるリスクが低下し、最短距離を走りながらも進路をしっかり確保できる。これが1枠有利を後押ししている。一方、少頭数ゆえに1枠は出走数がそもそも少なく、確率が高くでやすいという側面もある。4枠【0-0-0-15】は気になるが、1枠を除けば、内外では若干外枠の勝率は低いものの、複勝率ではほぼ同じ。

2歳重賞において重要なキャリア別成績について。前走新馬のキャリア1戦は【4-3-2-18】勝率14.8%、複勝率33.3%。勝利した4頭はディープブリランテ、サトノクラウン、コントレイル、ダノンザキッドといずれもG1馬。2戦2勝で突破した馬の未来は明るい。

これ以外だと2戦【3-7-5-24】勝率7.7%、複勝率38.5%、3戦【3-0-1-24】勝率10.7%、複勝率14.3%までだろう。4戦は【0-0-2-19】複勝率9.5%、5戦以上は【0-0-0-5】。北海道でキャリアを重ねたトーセンヴァンノには厳しいデータだ。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。