【ジャパンC】コントレイル、シャフリヤール以上の期待感 充実期に入った良血馬オーソリティ(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

一流馬の参戦が少なくなった近年のジャパンCだが、今年はBCターフ上位馬と仏G1牝馬の3頭が参戦予定。日本勢も昨年の三冠馬コントレイル、今年のダービー馬シャフリヤール、オークス馬ユーバーレーベンなど役者に不足なし。まずは日本勢の勢力図を整理していきたい。

【ジャパンカップ 2021予想】三冠馬コントレイル、現役ラストラン! 食らいつくのはシャフリヤールか、オーソリティか(SPAIA編)

【日本ダービー】
例年とは異なる馬場状態が続き、Cコースに替わった当週も内有利にはならず。むしろ、一日通して外目が伸びており、長い直線を活かした外差が決まりやすいトラックバイアスであった。レースはバスラットレオンがハナを切り、タイトルホルダーが2番手。前半1000m60.3、1000~1400m25.2とペースは緩く、後半1000mは57.0秒という高い終盤力が求められる展開となった。

1着馬シャフリヤールは福永騎手のエスコートのもと道中のロスを最小限に抑え、ゴール直前でエフフォーリアを差し切った。ラスト5Fは11.8-11.3-11.3-11.0-11.1程度と高速ラップを4F計時。全兄アルアインほどの先行力や馬力はないが、父譲りの瞬発力は本馬の方が数段上だ。2着馬エフフォーリアが天皇賞秋を制したことを考えれば、当然本馬にも期待がかかる。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。