【ラグビー】南アフリカが勇敢なスコットランドを下す。アルゼンチンはイタリアに快勝。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

オータム・ネーションズシリーズの2戦目で世界ランキング3位のオーストラリア代表を下したスコットランド代表だが、2019年のワールドカップチャンピオンを倒すことはできなかった。11月13日に地元エディンバラのマレーフィールドで南アフリカ代表と対戦し、15-30で敗れた。

 スコットランド代表は次週、日本代表と激突する。

 序盤はフィジカル強い南ア相手にしぶといディフェンスを続けていたスコットランドだが、3-3で迎えた前半28分に最初のトライを許した。
 南アがターンオーバーからボールをつなぎ、WTBマカゾレ・マピンピが左外を振り切ってゴールへ駆け抜け、勝ち越しに成功した。

 スコットランドがチャンスをものにしたのは35分だった。連続攻撃でアドバンテージを得ると、キックパスを活かし、南アのプレッシャーを受けながらも左サイドでボールをつなぎ、最後は主将のFBスチュアート・ホッグがインゴールに持ち込んだ。SOフィン・ラッセルがコンバージョンを決め、10-8と逆転。2点リードで折り返した。

 しかし、南アは後半早々、CTBダミアン・デアレンディが左サイドを突破してオフロードで大外のWTBマピンピにつなぎ、逆転トライが生まれた。コンバージョン成功で10-15となる。

 その後、スコットランドに反則が続き、南アが51分(後半11分)、56分とペナルティゴール(PG)で得点を重ね、11点差となった。

 それでもスコットランドは食らいつき、58分に敵陣深くに入ると、左サイドのモールからボールを動かし、南アのラッシュディフェンスをかわしてチャンスとなり、またもホッグがフィニッシュし、15-21となった。

 しかし、世界王者は終盤に強く、68分、PRスティーヴン・キッツォフがブレイクダウンで奮闘してスコットランドの反則を引き出し、SOハンドレ・ポラードがPGで貴重な3点を追加。70分にはHOマルコム・マークスが同じようにブレイクダウンでからんで相手のノット・リリース・ザ・ボールとなり、今度はFBフランソワ・ステインがハーフウェイからロングショットを決めた。

 南アはその後もプレッシャーをかけ続け、78分にもPGで加点し、スコットランドを下した。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。