【ラグビー】タックルマン石塚武生の青春日記(11)(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

日比野弘さんが亡くなった。86歳だった。

 1974(昭和49)年度、その日比野さんが早稲田ラグビー部の監督をつとめ、石塚武生さんがキャプテンとなった。当時、39歳の監督は22歳の主将をリスペクトしていた。日比野さんは、石塚さんについて、こう語っていた。
「あいつは、烈しかった。駄々っ子の、子どもみたいな情熱だったよ」

 2021年9月、横浜の日比野さんの自宅でのことだ。
 この連載を執筆することもあって、筆者は大先輩を訪ねたのだった。連載1回目の内容と重なるので、同じコメントの記述は避ける。実は、こんなことも言っていた。

「情熱は半端じゃない。(日本代表監督の時)ジャパンで使わなかったら、“僕を試合に出してください”って、泣きながら嘆願してきた。ジャパンがもう一度、飛躍するためには、おまえみたいなちっこいのがフランカーをやっていたらダメなんだと説明したんだ」

 日比野さんとて苦渋の決断だっただろう。ソフトなムードにだまされがちだが、日比野さんも、石塚さん同様、情熱はすこぶる激しかった。“荒ぶる魂”を内に秘めていた。だから、169センチ、70キロのタックルマンをせがれのように愛した。

 日比野さんは自著『早稲田ラグビー 荒ぶる魂の青春』(講談社)にこう、書いた。
〈石塚は生真面目な男である。この性格がド根性となって表れてくるのだ。毎晩、一日も欠かさず、自宅付近を走っていた。純真そうな顔に、いつも瞳がキラキラと輝いていた。ラガーマンとしての素質は、身体の外側にではなく、胸の内にあったのである〉

 1974年度の合言葉は、『打倒!社会人』だった。前年度の最後、早大は日本選手権で社会人の覇者、リコーに敗れていた。春シーズンのスタート時、日比野監督は東伏見のラグビー寮の食堂でキックオフ・ミーティングを開き、最後、主将にこう、聞いた。
「石塚、打倒!社会人、やれるか?」
「やれます!」
 張りのある石塚キャプテンの声が、静まり返っていた食堂いっぱいに響いた。

 石塚さんは、1974年の5月、初めて日本代表の海外遠征(ニュージーランド)に参加した。早大の3年生のウイング藤原優(まさる)さん、5年目のFB植山信幸さんも一緒だった。経験は宝だ。大きな自信となった。ラグビー選手としての飛躍のきっかけとなった。

 石塚さんは、色あせたラグビーノートにこう、書いている。
〈ワセダの主将としての自信にもつながった〉
 遠征から帰国後、早大は春最後の練習試合として明大と対戦した。八幡山のグラウンドだった。ラグビーノートに〈この試合で、キャプテンとして、またチームとしても、大きなアクシデントがおこった〉と記した。

〈藤原がアキレスけん断裂のケガをしたのである。はたして、秋シーズンまで、復帰できるのだろうか。悪いことが続いた。2年生の南川(洋一郎)が内蔵の病気にかかり、これも当然、早大に気がかりな問題となった。
 キャプテンとして、春シーズンは1カ月半もチームから離れ、そして、中心選手のふたりの戦列離脱者も出してしまった。少しばかりであるが、秋シーズンへの不安が走った〉

 藤原さんに再び、電話をかけた。
 車を運転しているのだろう。ハンズフリーで、小さな走行音も聞こえてくる。いつもの明るく、あたたかい声。アキレス腱断裂のことを聞けば、少し考えたあと、「ああ。ニュージーランド遠征でものすごく調子よかったんだ」と思い出してくれた。

「ま。調子いい時にけがをするんだよね。石塚さんには、八幡山から一緒に寮まで帰ってもらった気がする。電車で。最初は切断なんて思ってなくて、(東伏見駅の駅前の)“若みや”でビールを一杯飲んだら、すごく(足首が)はれたのを覚えている」

 石塚さんはどんなキャプテンでしたか?
「ラグビーをすごく大切にしていたな。バックスのことはよくわからないから、僕らには技術的なことは何もいわない。ただ、グラウンドに立てば、プレーでチームをリードしていた。やはり、“グラウンドの外でもきちんとしないとゲームには勝てない”とよく言っていたな。私生活の行動もすべてラグビーにはねかえってくるからね」

 この秋のシーズン、早大はエースを欠きながら、連戦連勝を続けた。
 11月、石塚さんは日本代表のアジア競技大会メンバーとして、スリランカ遠征に参加した。決勝では、ホームのスリランカに44-6で圧勝した。早大では、植山さん、4年生のナンバー8、山下治さん(2009年没、享年56)も一緒だった。

 11月23日の伝統の早慶戦、早大はその中心選手を欠きながらも、勝利を収めた。
 12月7日の早明戦には、復帰した藤原さん、南川さんがトライをとるなどし、快勝した。

 余談をいえば、この時代、大学ラグビーのほうが社会人ラグビーより人気があった。とくに早大。実力があって、スター選手もそろっていた。
 日比野さんは過日、うれしそうに、こう冗談口調で漏らしていた。
「石塚は、実力以上に人気があったね。あの頃の勢いじゃ、試合で使わなかったら、投書がくるぐらいの人気だった」

 ちなみに、海外の行事だったバレンタインデーは、「お菓子会社の宣伝」をきっかけとして、日本に広まった。
 この1970年代、「女の子から男の子に告白できる日」として、まずは小中学校、高校、大学で盛り上がっていった。つづけて、OLたちもチョコレートを買うようになった。石塚さんは自著でこう、書いている。

〈私はバレンタインデーに80個ほどチョコレートをもらったことがある。ファンレターは郵便局から連日、袋に入って届けられ、私にも毎日4、5通は来ていた〉(『炎のタックルマン 石塚武生』(ベースボール・マガジン社)

 話を戻す。石塚キャプテン率いる早大は大学選手権の決勝でも、明大を18-0で破り、2年連続大学日本一の座に就いた。
 石塚さんはラグビーノートにこう、短く振り返っている。
〈うれしいというより、ホッとした気持ちだった〉

 それはそうだ。まだ、目標の日本選手権が残っていた。『打倒!社会人』が。相手は、近鉄となった。日比野監督、石塚主将は、前年のリベンジに燃えていたことだろう。

 情熱と仁徳の人、日比野さんの自著『早稲田ラグビー 荒ぶる魂の青春』の書き出しはこうだ。日本選手権に挑む早大の覇気が行間にほとばしる。
〈負けてもともとだって? 冗談じゃない。この試合に勝つために、おれ達の一年間はあったのだ〉

 ふと、思う。
 いま頃、日比野さんは石塚さんと、天国でラグビー談義に花を咲かせていることだろう、と。合掌。

(文:松瀬 学)

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。