【ジャパンC】牝馬優勢も今年は例外? 好データ3つに合致するアリストテレス(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

【0-0-1-50】。これは、2021年11月28日(日)に東京競馬場で行われるジャパンカップの、過去15年における外国馬の成績である。外国馬が連対したのは、2005年の1着馬アルカセットが最後。翌年にウィジャボードが3着に入って以降、外国馬は1頭も馬券に絡んでいない。

【ジャパンカップ 2021予想】三冠馬コントレイル、現役ラストラン! 食らいつくのはシャフリヤールか、オーソリティか(SPAIA編)

確かに、最近は外国馬の影が薄いと感じてはいたが、それが10年以上も続いていたのには驚き。ペイザバトラーやホーリックス、そしてシングスピールやピルサドスキーなど、外国馬が強い時代を知っているだけに、なおさらである。

海外馬の胸を借りるという意味合いが薄れたといわれるのは当然で、何なら招待馬の費用を賞金に上乗せし、自腹で勝ちに来た馬(招待馬も本気だとは思うが)のみの参戦を促す方が得策なのでは、とすら思ってしまう。

データで見る限り、近年のジャパンカップは外国馬の存在を気にしなくて問題ないと出ている。となれば、府中2400mで行われる、国内一流馬同士の真っ向勝負となるわけだ。果たしてどのようなタイプの馬が活躍しているのか。今回もG1ということで、過去15年の成績を基にして検証していきたい。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。