林家こん平さん偲ぶ会で献花ならぬ“献球”実施、生前らくご卓球クラブの監督務めステージに卓球台設置(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

昨年12月に77歳で亡くなった落語家・林家こん平さんを「偲(しの)ぶ会」が23日、都内のホテルで行われた。多発性硬化症でのリハビリ中にライフワークにしていた「都電落語会7周年感謝祭」と併せて開催された。

【写真】「献球」に使われた似顔絵入りの卓球のボール

 らくご卓球クラブの監督を務めたこん平さんをしのび、ステージには卓球台などが設置され、出席者はこん平さんの似顔絵入りピンポン球を“献球”した。最後は次女・笠井咲(えみ)さんの音頭で「1、2、3、チャラ~ン!」と全員で唱和。出席したぶっちゃあ(66)は「食えないころ、よく飲みに連れて行ってもらった」。でんでん(71)は「卓球が(名誉)5段ならお酒は10段でした」としのんだ。

 都電落語会はコロナ禍で休止中だが笠井さんは「続けます。来年2月には目の不自由な人を招待したい」と父の遺志を引き継ぐことを誓っていた。

コメントは受け付けていません。