【日本S】初戦炎上のヤクルト守護神マクガフ雪辱0封…執念継投「高津マジック」で連勝(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆SMBC日本シリーズ2021 第3戦 ヤクルト5―4オリックス(23日・東京ドーム)

【写真】7回途中から4番手で登板した石山

 「SMBC 日本シリーズ2021」は第3戦が東京Dで行われ、ヤクルトがオリックスに連勝して2勝1敗とリードした。1点を追う7回にサンタナが逆転の1号2ラン。4番手の石山を8回も続投させ、守護神マクガフにつなぐ高津監督の継投策もハマり、シーソーゲームを制した。1勝1敗から先に2勝目を挙げたチームのV確率は79%。2001年以来20年ぶりの日本一に突き進む。

 迷いはなかった。1点差の9回、高津監督がマウンドに送ったのは守護神・マクガフ。シリーズ初戦に2点差を逆転されてサヨナラ負けを喫した助っ人に、再び勝負を託した。2死一、三塁と同点のピンチを招いたが、4番・杉本を内角直球で詰まらせ、一ゴロに封じて2連勝。指揮官は右拳を高々と振り上げ、ガッツポーズを繰り返し「最後にマクガフがしっかりと締めてくれた。いい継投だった」と大きな勝利をかみしめた。

 定石にこだわらない“高津マジック”が勝利を呼び寄せた。1点を勝ち越された7回、なお2死満塁のピンチで石山をマウンドへ送り、代打の切り札ジョーンズを空振り三振に仕留めた。この時点で指揮官は決断した。

 「打ち取り方がすごく良かったので、8回もいかせようと。追いついても逆転しても、そのままでも、石山をいかせる」

 直後にサンタナの2ランが飛び出して逆転に成功。シーズン通りなら勝ちパターンの清水を送る場面だが、勝利の方程式を崩してでも直感を信じて続投させた。石山は8回を3者凡退に封じ、この試合初めてヤクルトが得点した次の回を無失点に封じた。猛牛打線の勢いを完全に止めた。

 注ぎ続けた信頼に、2人の“守護神”が応えた。今季初め、抑えを任された石山は不振で6月下旬に2軍落ちを経験。歴代2位の通算286セーブを誇る高津監督は「苦しい期間、しっかり自分と向き合ってやることをやれば時間が解決してくれる」と助言を送り、復調を信じた。石山に代わって抑えを託したマクガフは、日本シリーズ初戦でまさかの炎上。それでも、2戦目の前には「全く僕は気にしてない。あなたに任せている」と変わらぬ信頼を示した。この日、指揮官の思いに応える力投がチームを勝利に導いた。

 監督としては初の舞台で、柔軟にタクトをふり、2勝1敗と先行。初戦のサヨナラ負けのイメージを完全に払拭し、「またすっきりと第4戦を迎えることができる」と力を込めた。選手を信じ抜いた勝負継投は1勝以上の価値をもたらして、ツバメ軍団を頂点へと加速させた。(小島 和之)

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。