【神宮大会】“広陵のボンズ”真鍋慧弾で初決勝!同じ1年生「意識する」花巻東・佐々木麟太郎に負けん(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆第52回明治神宮野球大会第4日 ▽高校の部準決勝 広陵10―9花巻東(23日・神宮)

 花巻東(東北)の怪物ルーキー・佐々木麟太郎が、強烈なインパクトを残して神宮を去った。準決勝で広陵(中国)に惜敗したが、8回に今大会2本目となる高校通算49号の同点3ランを放つなど3安打5打点の大暴れだった。勝った広陵と第2試合で敗れた九州国際大付(九州)は、それぞれ4番を打つ真鍋慧(けいた)と佐倉侠史朗が一発をマーク。大阪桐蔭(近畿)の145キロ左腕・前田悠伍も2失点完投勝ち。麟太郎世代のスーパー1年生がそろい踏みを見せた。

 “広陵のボンズ”が、本家のような弾丸ライナーをぶっ放した。2―1と勝ち越した直後の2回2死一、二塁、真鍋が内角球を右翼ポール際に突き刺した。「真っすぐを狙って、芯で捉えられた」。150キロを計測したことがあるスイングスピードで、全国大会初本塁打(高校通算10号)をマークした。

 中井哲之監督(59)がつけた愛称は「ボンズ」。メジャー最多の通算762本塁打を誇るバリー・ボンズ(元ジャイアンツ)になぞらえ「遠くに飛ばすことができる。広角に本塁打が打てるような打者になってくれたら。すごく楽しみな選手」と期待を寄せた。「(中村)奨成(広島)は試合が大きくなればなるほど打った。ここ一番で打てる打者になってくれたら」と、2017年夏の甲子園で1大会最多6本塁打を記録した先輩に近づくことを願った。

 1年生4番は、初回1死一、二塁で中前安打を放ち、今大会は2試合で10打数5安打3打点。「同学年で少しは意識する」という花巻東・佐々木に負けない成績を残している。中日の米村アマスカウトチーフは「長打力があり、内角のさばきがいい。1年生にしてはいい素材。2年後が楽しみ」と注目した。

 最大7点差を追いつかれたが、8回2死一塁で主将の川瀬虎太朗遊撃手(2年)が決勝三塁打を放ち、初めて決勝に進んだ。「最近、広島県が(全国大会で)勝てないと言われているので、いい試合ができれば」と指揮官。県3位からの下克上で、中国勢初Vを達成する。(伊井 亮一)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。