【ジャパンC追い切り速報】コントレイルが坂路で51秒0の好時計 有終Vへ万全(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆ジャパンC・G1(11月28日、東京・芝2400メートル)追い切り(11月24日、栗東トレセン)

【データで見る】コントレイルの血統、戦績

 ラストランとなる昨年の無敗の3冠馬コントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)が、坂路で万全の仕上がりをアピールした。

 福永祐一騎手が騎乗して単走。前半からスピード感十分の走り。ラストもほぼ馬なりのまま51秒0―12秒0の好時計をマークした。

 福永騎手は「無理をせず、サラッと出した時計。リラックスしていて、追い切った後もケロッとしていました」。矢作調教師も「最後としては悔いのない追い切りができました」と納得の表情を浮かべていた。

コメントは受け付けていません。