湘南、23歳MFオリベイラ選手が死去と発表 原因は「検視の結果を待っている状況」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

J1湘南は24日、ブラジル人MFオリベイラ選手が死去したと発表した。23歳だった。

 クラブは公式サイトで、原因について「現在、検視の結果を待っている状況であり、分かり次第改めてお知らせいたします」とし、「クラブ一同、オリベイラ選手のご冥福を心よりお祈りいたします」と故人をしのんだ。

 関係者によると、オリベイラ選手は23日に死去。元所属先の同国1部アトレチコ・パラナエンセは23日に同選手の急逝を発表し、心臓発作によって亡くなったと伝えている。

 オリベイラ選手は、15年からコリチーバ、アトレチコ・パラナエンセ、インテルナシオナルでプレー。ブラジルU―15やU―17代表の主将を務めた経験もある。

 19年7月に九州リーグの宮崎に加入。昨年1月に湘南へ完全移籍で加入し、そのままJFLのFC大阪に期限付き移籍。同10月に湘南へ復帰し、リーグ戦1試合に出場した。力強い対人守備や展開力が武器のボランチで、今季はリーグ戦2試合、ルヴァン杯8試合に出場していた。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。